自動車保険にいくらかける? 料金の仕組み

自動車保険にいくらかける?

自動車保険は大きく分けて、法律で加入が義務付けられている「自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)」と、任意で加入する「任意保険」の2つがあります。このうち、任意保険への加入は自由なのにもかかわらず、なぜ多くのドライバーが加入するのでしょうか。これは、死亡による損害に対する自賠責保険の支払額が3000万円を限度としていることや、他人の自動車・建物などに対する物損事故の場合、自賠責保険は適用されないこと、交通事故で契約者本人が死傷したという場合などには、自賠責保険から支払われる保険金だけではカバーできないことな

2台目の自動車保険料を安くする方法〜セカンドカー割引〜

2台目の自動車保険料を安くする方法〜セカンドカー割引〜

一家に車が2台というケースは決して珍しくありません。夫が通勤で車を使用するため、そのほかの家族が使うために2台目の車を購入するケースもあります。所有する2台にかかる維持費や保険料等はできるだけ抑えたいものです。そこで2台目(セカンドカー)以降の車にかかる自動車保険料はどうなるのでしょうか。その考え方とポイントについてお伝えします。

自動車保険の保険料の相場ってあるの?

自動車保険の保険料の相場ってあるの?

自動車保険で一番気になるのが保険料でしょう。加入している自動車保険は補償内容に対して保険料が適正なのかどうか自分で判断するのは難しいものです。補償内容に対する自動車保険料の相場を知っていれば、自動車保険を選ぶ際の基準になります。ここでは自動車保険の保険料の相場を知るための3つのポイントについて解説していきます。

自動車保険料は所得控除の対象や確定申告にも関係する?

自動車保険料は所得控除の対象や確定申告にも関係する?

年末調整で家族の状況や1年間のうちに支払った保険料などを申告すると、所得税や住民税が安くなることがあります。社会保険料や一定の範囲の生命保険料、地震保険料は所得控除の対象で、支払った金額を所得金額から差し引くことが認められています。生命保険などが控除対象なのは、保険は万一の際、本人や家族の生活基盤を支えるためのものなので、自動車保険も地震保険と同じ損害保険の一種ですから「自動車保険も控除対象になるのでは?」と思われがちです。ここでは、自動車保険が控除対象にならない理由などについてご紹介します。

自動車保険もクレジットカードで!

自動車保険もクレジットカードで!

自動車保険の保険料は、支払い方法を数種類の中から選べます。保険代理店で契約した場合は、窓口での一括払のほか、金融機関を通じての一括払、あるいは分割払、口座振替などさまざまです。同じ分割払でも、保険会社によってしくみが違うことがあるので注意が必要ですが、支払い方法によっては保険料以外のメリットもあります。ここでは、自動車保険をクレジットカードで支払う場合のメリットなどをご紹介します。

ゴールド免許なら自動車保険料が安くなる割引も!

ゴールド免許なら自動車保険料が安くなる割引も!

自動車保険料を安くする方法は幾つかありますが、その中でもぜひ活用したいのが「ゴールド免許割引」です。これは、「優良運転者は事故のリスクが低い」という統計に基づく割引制度です、保険会社によりますが、およそ10%前後と割引率が高いのが特徴です。そのため、自動車保険の保険料を大きく引き下げる効果が見込めます。ただし、この制度を利用するには「保険期間が開始する日の時点で、記名被保険者がゴールド免許を保持していること」を条件とするのが一般的です。ですから、まずはゴールド免許を手にするところから始めなくてはなりません

自動車保険の値上げが続く理由と対処法

自動車保険の値上げが続く理由と対処法

無事故を続けていれば、自動車保険は常に安くなるものと思っている人も多いのではないでしょうか。基本的にはその通りですが、近年になって、必ずしもそうとは言い切れなくなっています。それは、各保険会社が販売する自動車保険の値上げが続いているからです。しかし、自動車保険はなぜ値上げを続けるのでしょうか。

自動車保険の団体割引で賢く節約する方法とは

自動車保険の団体割引で賢く節約する方法とは

自動車保険の契約では「団体割引」制度を利用できるケースがあります。団体契約では具体的には、どのくらい自動車保険の保険料が割り引かれるのでしょうか。自動車保険の等級の引継ぎについてや、団体割引のメリット・デメリットを知っておくと役に立ちます。

年代や条件で変わる自動車保険料の相場とは

年代や条件で変わる自動車保険料の相場とは

保険料の平均相場が大きく変わる年齢の節目や車の乗り換え、独立や結婚で運転する人が変更した場合など、人生の節目には保険を見直すべき多くの要因があります。また、同じ内容であっても通販型(ダイレクト型)と代理店型など、保険会社を変えるだけで数千円〜数万円も安くなることがあります。

2台目から安くなる?知らないと損する自動車保険料の仕組み

2台目から安くなる?知らないと損する自動車保険料の仕組み

自動車保険はさまざまな要素が合わさっているため、なかなか自分の知識のみで自動車保険の契約をすることは難しいです。しかし、車1台に対する年間の保険料は決して安いわけではなく、ましてや2台以上の車を保有している場合は、少しでも保険料を安くしたいと考える方は多いのではないでしょうか。

月払いは損なのか?自動車保険の支払い方法について

月払いは損なのか?自動車保険の支払い方法について

保険料の支払い方法には大きく分けて「年払い(一括払い)」と「月払い(分割払い)」があります。また、決済の方法も「銀行引き落とし」や「クレジットカード決済」などさまざまな方法があって、それぞれどう違うのかが複雑でわかりにくいものです。

運転者限定特約で保険料を抑える

運転者限定特約で保険料を抑える

運転者限定特約など、専門用語の多い自動車保険の基礎知識をわかりやすく解説。

走行距離に応じた割引制度で保険料を安くする

走行距離に応じた割引制度で保険料を安くする

走行距離に応じた割引制度など、専門用語の多い自動車保険の基礎知識をわかりやすく解説。

型式別車両料率クラスによる保険料の変動

型式別車両料率クラスによる保険料の変動

車両料率クラス・型式など、専門用語の多い自動車保険の基礎知識をわかりやすく解説。

自動車保険会社の割引サービス

自動車保険会社の割引サービス

割引サービスなど、専門用語の多い自動車保険の基礎知識をわかりやすく解説。

運転者年齢条件による保険料の割引

運転者年齢条件による保険料の割引

運転者年齢条件など、専門用語の多い自動車保険の基礎知識をわかりやすく解説。

自動車保険の保険料の支払方法と注意点

自動車保険の保険料の支払方法と注意点

支払方法と契約期間など、専門用語の多い自動車保険の基礎知識をわかりやすく解説。

保険料の仕組み

保険料の仕組み

保険料の仕組みなど、専門用語の多い自動車保険の基礎知識をわかりやすく解説。

▲自動車保険の保険料に関する特集 TOP

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。