中古車販売初の教育・認定制度「中古自動車販売士」5363名誕生


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

 中古車販売に関する初めての教育・認定制度「中古自動車販売士」(主催・社団法人日本中古自動車販売協会連合会)の研修・試験が終了し、全国で5363人の販売士が認定された。

 車検制度が充実していることもあり、日本の中古車は世界的にみると品質が高いと言われている。しかしその一方、中古車は経年劣化のほか、前オーナーの使用状況や整備状況、事故の有無によってコンディションが異なるため、購入の際は慎重になる人が多い。

 もともと中古車の査定を行う「中古自動車査定士」(主催・財団法人日本自動車査定協会)などの資格はあるが、「中古自動車販売士」はそんな中古車を取り巻く消費者の不安を解消する目的で設立。昨年11月から今年3月にかけて全国各地で行われた研修・筆記試験では、中古車販売の実務経験を持つ受験者が車両を見極めるための知識や法令・ルールなどを改めて学び、筆記試験を受けた。

 今回認定された5363人は今後、2年ごとに更新を行い、研修を受ける。

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。