JAF、交通安全対策製品の販売を開始


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

JAFが通信販売サイトで取り扱う“交通安全対策製品”の一例 [拡大する]

JAFが通信販売サイトで取り扱う“交通安全対策製品”の一例

 一般社団法人日本自動車連盟(JAF)は13日、会員向け通信販売サイト「e-JAF Shop」にて交通安全対策製品の販売を開始した。同取り組みは住友スリーエムと提携しておこなわれるもので、反射材を利用した安全対策グッズを中心に展開する。

 同連盟は「節電対策により街路灯や防犯灯の消灯が続くことが予想される」ことから、暗い道でもドライバーからの視認性を高めることができる反射材に着目した。

 取り扱う商品は住友スリーエムが法人向けに販売している商品の中から、個人ユーザーが自宅周りの安全対策に使用できる商品をセレクトして販売。ランドセルや傘などに張り付けることができる反射ステッカーなども手頃な価格で展開する。

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。