7月の車両冠水・水没によるロードサービスは174件〜ゲリラ豪雨の影響


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

運転時、大雨や集中豪雨に遭ったら浸水トラブルに注意 [拡大する]

運転時、大雨や集中豪雨に遭ったら浸水トラブルに注意

 JAFは5日、各地でゲリラ豪雨が多発した7月の車両冠水・水没によるロードサービス件数を発表し、全国で174件にのぼったことがわかった。記録的な大雨に見舞われた山口県では27件が実施され、全都道府県で最多となっている。

 JAFによると、山口県の次に多かったのは福岡県で、25件。次いで栃木県が15件、東京都が12件、茨城県が9件と、関東地方が並んだ。依頼場所は【路上】が95件でトップ。さらに【駐車場】が46件、【自宅】が24件と続いている。

 浸水トラブルを防ぐポイントとしてJAFは、「周囲より低い位置にある道路は通らない」「自宅駐車場といった車の保管場所の状況確認」などをピックアップ。また、5〜10cm程度の水深の冠水路でも落輪やエンジンルームに水が入る危険性があるため、特に夜間は慎重な運転をすすめている。

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。