貯蓄専用口座にも ネット銀行の「自動入金サービス」活用法

ネット銀行口座を利用した貯蓄方法とは [拡大する]

ネット銀行口座を利用した貯蓄方法とは

 「ネット銀行を使いたいけれど、給与振込口座が都市銀行だから、ネット銀行は使いづらいかも…」という声が時々聞かれる。確かに、メインバンクが都市銀行や地方銀行であれば、ネット銀行にわざわざお金を移すのが面倒だと思うかもしれない。振込手数料がかかったらもったいないし、現金を一度引き出して、また入金するというのも手間がかかる。そんな人におすすめしたいのが、一部のネット銀行で行われている「自動入金サービス」だ。無料でできるところも増えているので、ぜひチェックしておこう。

■無料でネット銀行にお金を移せる「自動入金サービス」

 一部のネット銀行が行っている「自動入金サービス」とは、例えば都市銀行や地方銀行など、他の金融機関からお金を引き落し、ネット銀行の口座へ自動的に入金をしてくれるサービスだ。

 あらかじめ登録をしておくことで、毎月決まった日に、決まった金額が他の金融機関からネット銀行に自動的に移される。手数料無料で利用できれば、手間もお金もかからずとてもスムーズだ。気になっているネット銀行があれば、自動入金サービスがあるかどうかを見てみるよいだろう。

■「貯蓄」にも「出費管理」にも役立つ

 お金を自動的に無料で移せるサービスをうまく使えば、貯蓄や家計管理にも役立てられる。ここで2つの事例を紹介しよう。

 まずは、“貯蓄用”として使っているAさんの事例だ。毎月5万円を、給与振込口座である都市銀行からネット銀行に移すことにしている。すると、ネット銀行に5万円ずつ自動的に貯まっていくので、貯蓄専用口座となるのだ。使うお金と貯めるお金が別の場所になるため、うっかり使い込んでしまうこともなくなり、確実に貯められるメリットがある。

 次に、“出費の管理用“として使っているBさんの事例だ。同じく、毎月5万円を都市銀行からネット銀行に移している。その移した5万円を「食費と外食費として1ヶ月で自由に使えるお金」と決めているのだ。口座残高を確認しながら「そろそろ使いすぎだな」と思ったらセーブするし、「まだ使えそう」だと思ったら月末に外食を楽しんでいるという。食費以外にも、ファッション・美容費や、趣味のお金などと用途を決めておき、出費管理に役立てられるはずだ。

 「ネット銀行も使ってみたいな」「都市銀行や地方銀行から、無料でネット銀行にお金を移したいな」という人は自動入金サービスを覚えておこう。

(ライター:西山美紀)
ファイナンシャルプランナー。2児の母。これまでに1万件以上のマネーデータを分析し、500人以上にマネーの取材を行うほか、女性の生き方などをテーマに取材・執筆・記事監修なども行っている。著書に『お金が貯まる「体質」のつくり方』(すばる舎)。公式サイト:http://www.nishiyamamiki.jp/

>> 利用者が選ぶ! 満足度の高さで支持された【ネット銀行】を発表

>> 買い物はクローゼットを見たあとに 無駄遣いを減らす方法

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。