日本初のマルチキャリアMVNO「mineo」、1周年記念キャンペーン実施

同社のドコモ回線用プラン発表イベント時の模様 (左)から有吉弘行、ケイ・オプティコム代表取締役社長の藤野隆雄氏、ベッキー (C)ORICON NewS inc. [拡大する]

同社のドコモ回線用プラン発表イベント時の模様 (左)から有吉弘行、ケイ・オプティコム代表取締役社長の藤野隆雄氏、ベッキー (C)ORICON NewS inc.

 昨年6月にKDDI(au)回線を使った初のMVNOとして話題となった「mineo(マイネオ)」。今年9月からは、NTTドコモの回線を利用したプランも開始される予定で、日本初の個人向けマルチキャリアMVNOとなることが話題となっている。さらに現在、サービス開始から1周年を迎え、お得な記念キャンペーンを実施している。

■mineoの特長

 2014年6月のサービス提供開始時点では、まだまだ馴染みの薄かった同社のMVNOサービス。1年を経過して、多くのユーザーに浸透してきた。ほかのMVNO同様に、mineoもユーザーが重視する「毎月の使用可能データ容量」、「090〜の音声通話のありなし」、「端末の必要ありなし」が簡単に選択できる。現在は毎月の基本データ容量として、「500MB」「1GB」「3GB」「5GB」の4種類からユーザーの使用頻度に合わせて選択可能。音声通話についても、必要であれば、月額610円で現在使っている携帯電話の番号そのままに利用が可能となる。さらに、端末(スマホもしくはモバイルルーター)が必要なユーザーは、国内メーカーの端末を低価格で選択できる。プラン選択だけでもわかりにくい場合が多い昨今ではあるが、mineoの場合はこれらをウェブ上で簡単に選択するだけで、月額料金を明確にしていることも人気の理由の一つといえる。

■1周年記念キャンペーンの特典は?

 1周年の記念キャンペーンでは、既存の加入者と6月25日までの契約者を対象に、3つのプレゼントを用意している。一つは「事務手数料無料でSIM5口を希望者全員にプレゼント」するもの。通常初期費用3000円必要なSIMを無料で5口提供。同一住所の家族もmineo回線にすることで通信費を削減し、パケットシェアできる。また、複数回線を使用している人にとっても自身の回線をすべてmineoにすることで、毎月の出費を抑えることなどができる。二つ目は「応募者の中から5名に「大阪マラソン2015」の出走権がプレゼント」される。既に一般エントリーは終了しているうえ、参加料は通常1万円を超えるので、参加したかった人にとってはありがたい。三つ目は「応募者の中から1000名にAmazonギフト券3000円分がプレゼント」。月々の負担が軽くなる上に、プレゼントまであるので検討中の人はぜひ利用したいところだ。一つめは応募者全員にプレゼント、二つ目と三つ目は、どちらかを選んで応募し抽選の結果次第、となる。

■マルチキャリアMVNOの魅力

 9月よりドコモ回線が加わることで、「au」「docomo」でそれぞれプランが選択できるようになる。今後は2回線分のプランの料金を支払う形であれば、「au」「docomo」の両方を同時に利用することも可能となり、家族で利用できるパケットシェアや友人と送り合えるパケットギフトを、mineo同士であればau回線、docomo回線を問わず利用できる。同社は、今後1枚のSIMカードでマルチキャリアに対応する構想もあるとしている。

>>過去3年以内に3ヶ月以上MVNO(格安SIM)を利用した2,800人が選んだ!
2015年度 顧客満足度の高いおすすめのMVNOベスト11

>>話題の“格安スマホ”で、ユーザーから支持が高いのは?
MVNO<スマホ同時購入>ランキング

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。