自動車保険特集

車両保険の免責金額

 相手に対する賠償を補償する「賠償責任保険」、自分や同乗者のケガを補償する「傷害保険」とは異なるのが車両保険です。車両保険に加入していると、事故によって自分の車が損害を受けた場合に、その修理代などが支払われます。

車両保険では「車の価値」で保険金額が決まる

【イラスト】車の価値

 対人賠償保険や対物賠償保険は、「いくらまで補償するか」を自分で設定することができます。それに対し車両保険は、保険金額を自分で自由に決めることはできません。300万円の価値の車に1000万円の保険金を請求することはできないということです。

 「車の価値」を決めるのは自動車保険会社になります。新車であれば、購入金額に近い額となりますが、中古車の場合は減価償却によって市場価値も下がります。車の種類だけでなく、車の年式や時価額などをもとに算出された金額が、車両保険の保険金額に設定されるのです。

 車両保険の保険金額は毎年変化します。例え新車で購入して車両保険に入ったとしても、毎年の減価償却に伴い、その車に支払われる保険の上限額も年々下がっていくのです。車を買った当初は300万円の車両保険に入っていたとしても、10年後には上限が50万円になってしまうこともあります。10年乗った車を手放そうとしても、なかなか高値はつかないですよね。それと同じことです。

 また、車両保険の保険金額は車の修理代とは関係がないということも注意しておきましょう。実際に修理に200万円かかる場合でも、50万円までしか補償されない、というケースも考えられます。減価償却に伴う車の市場価値が50万円だと判断されれば、50万円までしか保険金は支払われないのです。車両保険に加入したまま、特に金額を確認したりせずに毎年更新しているような場合は、注意が必要だといえるでしょう。

保険料とのバランスが重要な車両保険

 他人に対する保険で、しかも莫大な金額になりうる損害について補償する対人・対物賠償保険などと比べると、自分の車に対する補償である車両保険は、必ず入るべき保険だとはいえないかもしれません。実際、保険料も安くはないため、車両保険を付けるかどうかは判断が分かれるところです。また、上記の通り、年数を経た車はその価値(=支払われる上限額)がかなり低くなります。保険金額が低くなれば毎年の保険料も下がっていくとはいえ、もらえる上限額が低い車両保険のために保険料を支払い続けるのは得策とはいえません。

 以上のことから、車両保険は新車で価値が高いうちは加入しておき、何年か経て車の価値が下がってきたら見直す、という人が多くなっています。もちろん、はじめから車両保険には入らず、いざとなったら自己負担で、という選択肢もあります。実際、車両保険を付けるか付けないかで年間の保険料はかなり変わりますので、コストと補償のバランスを考え、じっくり検討しましょう。

車両保険の免責金額とは?

 車両保険の保険料にかかわるものに、免責金額があります。免責とは、「保険会社が支払わなくてもいい金額」、つまり「契約者の自己負担額」のことです。例えば、「免責金額5万円」といったら、事故による車の修理代が50万円かかった場合、5万円を契約者が負担して、残りの45万円が自動車保険会社から支払われることになります。この免責金額を大きくすると、保険料を下げることができるのです。

 免責金額は、「車両保険を使う1回目の事故」と「2回目以降」で分けて設定することができ、「1回目の免責金額5万円、2回目以降10万円」といった形で契約することが多くなっています。例えばこれを「1回目も10万円」にすれば、それだけ保険料が安くなることになります。

 先ほども触れましたが、車両保険は新車や高級車など、損害額が大きくなる場合に備えて入るケースが多いので、「いざ保険を使うことになったときに多少の自己負担があるのは仕方ない」「少額の損害のときに使って3等級ダウンするくらいなら自腹で修理代を払う」と割り切ってしまえば、免責金額を高めに設定して毎年の保険料を下げることも可能です。

車両保険の免責金額が0になる特約

【イラスト】免責金額

 免責金額を1回目に限り0にできるという契約もあります。これは「免ゼロ特約」(車対車免責ゼロ特約)といって、車両保険に免責金額を設定したときに付けられる特約です。

 自動車同士の衝突や接触事故で、相手方の自動車と運転者が確認できた場合、1回目の事故について車両保険の免責金額が0円となります。どこの保険会社も数千円程度で付けられる特約です。

▲車両保険の免責金額 TOP

自動車保険はいろいろあるけど、結局どの保険がいいんだろう・・・、というあなた!まずはランキングをチェック!!
保険料、払いすぎてない?ネット手続きなら1万円割引も!詳しくはクリック
あわせて読みたい! 自動車保険特集
自動車保険の仕組みに関する特集

自動車保険の仕組みに関する特集

「自動ブレーキ」搭載車は保険料が安くなる?

自動車保険の日割りについて知っておこう!

自動車保険は加入当日から補償を始めることはできるのか?

自動車保険の契約に関する特集

自動車保険の契約に関する特集

個別見積もりと一括見積もりの違い

個別見積もりのとり方

自動車保険は法人で契約できるの?条件や契約方法とは

自動車保険の見直し・乗り換えに関する特集

自動車保険の見直し・乗り換えに関する特集

【今どき任意自動車保険の選び方】ライフスタイルに合わせた保険選び

【今どき任意自動車保険の選び方】自分の条件に合ったプランを細かく選ぶ!

自動車保険の保険料に関する特集

自動車保険の保険料に関する特集

年代や条件で変わる自動車保険料の相場とは

月払いは損なのか?自動車保険の支払い方法について

2台目から安くなる?知らないと損する自動車保険料の仕組み

自動車保険の事故対応に関する特集

自動車保険の事故対応に関する特集

加害側となる高齢者が増加…上がる自動車保険の保険料、抑えるコツは?

【点数一覧付き】交通事故における点数制度――物損の場合は?自損事故では?

【交通事故・慰謝料の計算方法】1.自賠責保険の場合

自動車保険の等級制度に関する特集

自動車保険の等級制度に関する特集

保険の使用を迷ったらチェック!等級が下がる事故と下がらない事故

【等級別一覧】等級が下がると、保険料はどれくらい高くなる?

等級制度改定に合わせて要確認!事故時に使うべき保険と検討すべき保険

自動車保険のコラム

自動車保険のコラム

世界の「自動車保険」事情(1)米国・ブラジル・英国と日本の自動車保険の違いとは?

世界の「自動車保険」事情(2)アジア諸国と日本、異なる「補償対象」と「加入目的」

ネット申込みの前に! 確認しておきたい3つの項目

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

【オリコン日本顧客満足度ランキング】

自動車保険海外旅行保険ペット保険来店型保険ショップバイク保険自転車保険生命保険医療保険がん保険ネット証券ネット銀行ネットバンキング住宅ローン 借り換え銀行カードローンノンバンクカードローンクレジットカードFX取引MVNO SIMMVNO スマホモバイルデータ通信プロバイダ車買取会社レンタカー格安レンタカー宅配便サービスステーション結婚情報サービス 男性結婚情報サービス 女性結婚情報サービス 20代・30代結婚情報サービス 40代以上ハウスウエディングトランクルーム レンタル収納スペーストランクルーム コンテナウォーターサーバーカラオケボックスネットスーパー食材宅配サービスホームセンター紳士服専門店旅行予約サイト 国内旅行旅行予約サイト 海外旅行格安航空券 LCC 国内線格安航空券 LCC 国際線賃貸情報サイト賃貸情報店舗不動産仲介 売却 マンション不動産仲介 売却 戸建て不動産仲介 購入 マンション不動産仲介 購入 戸建てリフォーム新築分譲マンション 首都圏新築分譲マンション 近畿ハウスメーカー 注文住宅新築建売住宅 関東引越し会社英会話教室/英会話スクールオンライン英会話子ども英語 未就学児子ども英語 小学生家庭教師大学受験 塾・予備校 現役大学受験 個別指導塾 現役大学受験 映像授業高校受験 集団塾高校受験 個別指導塾中学受験 集団塾中学受験 個人指導塾学習塾 小学生 集団 首都圏学習塾 小学生 集団 東海学習塾 小学生 集団 近畿学習塾 小学生 個別指導 首都圏通信教育・オンライン学習高校生通信教育・オンライン学習中学生通信教育・オンライン学習小学生資格スクール通信講座幼児教室 知育キッズスイミングスクール派遣情報サイト転職サイト転職サイト 女性アルバイト情報サイト転職エージェント医療・介護系転職人材派遣会社フィットネスフェイシャルエステブライダルエステ痩身・ボディケアエステ転職サイト(採用担当向け)オフィス引越し新卒採用サイト新卒紹介サービス人材紹介会社 (採用担当向け)人材派遣会社 (採用担当向け)企業研修 管理職向け公開講座企業研修 若手・中堅社員向け公開講座福利厚生サービス オフィス通販オフィス複合機アルバイト求人広告
CS(満足度)ランキングとは?会社概要ニュースリリース当サイトについて個人情報保護方針お問い合わせ求人情報

© oricon ME inc.