自動車保険の事故対応に関する特集

「他車運転特約」の意外な落とし穴。補償範囲はシビア!

「他車運転特約」の意外な落とし穴。補償範囲はシビア!

他人の車を運転する可能性がある人には欠かせない、自動車保険の「他車運転特約」。一般的な自動車保険では補償の対象にならない、他人の車を運転していた場合の事故による損害も補償してくれる便利な特約です。しかし、便利なだけにその補償範囲はとてもシビアです。内容をよく知っておかないと、いざ保険を使おうとしたときに期待した補償を受けられないかもしれません。

【事故事例】高級車が破損したら… 賠償額はどう決まる?

【事故事例】高級車が破損したら… 賠償額はどう決まる?

車を運転する際、事故を起こす可能性は誰しもゼロではありません。なかには、貴重な車両が相手になることもあります。そんなとき、損害賠償額はどのように決まるのでしょうか? 実際に起こった事故事例を紹介します。

電車と車両の【衝突事故】 役立つ「自動車保険」の補償とは?

電車と車両の【衝突事故】 役立つ「自動車保険」の補償とは?

踏切を通過する際、交通事故を回避するために一時停止をする必要があることは、教習所で誰もが習うこと。とはいえ、トラブルが起こる可能性もゼロではありません。実際にどのような事故が起きているのか、役立つ自動車保険の補償とあわせて紹介します。

大惨事につながる「居眠り運転」 事故事例と再発防止策を紹介

大惨事につながる「居眠り運転」 事故事例と再発防止策を紹介

前日に十分な睡眠をとっていなかったり、長距離にもかかわらず休憩や仮眠をきちんととらないような無理な運転をすると、居眠りをして重大な事故を引き起こす可能性があります。実際に居眠りや眠気が原因で起きた事故と、再発防止策について見ていきましょう。

2000万円を超える高額支払いも! 珍しい損害賠償“4事例”

2000万円を超える高額支払いも! 珍しい損害賠償“4事例”

事故相手が世界に数百台しかない限定モデルのバイクに乗っていたら…。美術品を運ぶトラックに追突し、世界的芸術品を壊してしまったら…。一体いくらの損害賠償請求をされるのでしょうか? 今回は、そんな珍しい事故事例を4つ紹介します。

シートベルト非着用で判決が不利に!? 大幅減額となった事故事例

シートベルト非着用で判決が不利に!? 大幅減額となった事故事例

運転時は、ドライバーはもちろん、助手席や後部席の同乗者もシートベルトの着用が義務づけられています。そのため、事故が起きたときベルトをしていないと、本来受け取れる賠償金が減額されることもあります。実際の判例を紹介しましょう。

運転中の“うっかり”が招いた「悲惨な事故」4事例

運転中の“うっかり”が招いた「悲惨な事故」4事例

車の運転が日常的になればなるほど、油断は生じてくるもの。そんな“うっかり”から車は「走る凶器」に変わり、交通事故が起きてしまいます。今回は、その事例を実際の損害賠償金額とともに紹介します。

高額な損害賠償請求も発生! 「スーパーの駐車場」で起きた事故事例

高額な損害賠償請求も発生! 「スーパーの駐車場」で起きた事故事例

駐車場は、意外にもトラブルが発生しやすい場所のひとつ。過去には、高額な賠償命令を出された事故も起きています。今回は、日常的に訪れる人の多いスーパーマーケットの駐車場で起きた事故事例を紹介します。

駐車場で痛ましい死傷事故! 些細なミスが起こした事故事例4つ

駐車場で痛ましい死傷事故! 些細なミスが起こした事故事例4つ

交通事故が起きる“危険な場所”として駐車場を思い浮かべる人は少ないでしょう。ですが、実際には「屋上の駐車場から落下して保育園児が死亡」「機械式立体駐車場を損傷」など、痛ましい死傷事故や高額な賠償が発生する事故が起きています。

【飲酒運転事故の判例】ドライバーに酒類提供はNG! “ほう助”で罪に問われたケース

【飲酒運転事故の判例】ドライバーに酒類提供はNG! “ほう助”で罪に問われたケース

飲酒運転は、交通違反ではなく“犯罪”。飲酒の事実を知りながら同乗する、またドライバーにお酒を提供することも処罰の対象となります。このようなほう助(幇助)行為に対し、「懲役2年」「運転免許取消」などの判決や処分が下されたケースを紹介します。

【飲酒運転事故の判例】玉突き事故や歩行者との衝突…ドライバーへの判決は?

【飲酒運転事故の判例】玉突き事故や歩行者との衝突…ドライバーへの判決は?

悲惨な事故を招く“飲酒運転”。今回は、玉突き事故や歩行者との衝突事故などの事例を紹介します。詳しく見ていくと、懲役2年から20年まで判決は様々。なかには任意保険に加入していたことが斟酌事由となった判例もありました。

弁護士監修! トラブルを防止する事故後の対応“2ステップ”

弁護士監修! トラブルを防止する事故後の対応“2ステップ”

交通事故の初期対応を誤ると、後々トラブルになったり、罰金が科せられる可能性があります。そこで、トラブル防止につながる事故後の対応について、現役の弁護士さんに取材を敢行! 事故への対処法を伺いました。

許されない“飲酒運転”事故! 自動車保険は適用される?

許されない“飲酒運転”事故! 自動車保険は適用される?

厳罰化されても、なお根絶には至らない飲酒運転の事故。一滴でもお酒を飲んだら、ハンドルを握ることは絶対に許されないことですが、もしも飲酒運転による事故に遭ってしまったら、加害側の自動車保険から保険金は支払われるのでしょうか?

高速道路でトラブル! 二次災害を防ぐ5つの正しい対処法

高速道路でトラブル! 二次災害を防ぐ5つの正しい対処法

故障や事故といったトラブルにより、やむを得ず高速道路上で車を停止させる場合。“二次的な事故(二次災害)”を防ぐ正しい対処法とは? 停車からロードサービスの救援依頼まで、ステップ順に説明します。

【示談書】ひな形と書き方アドバイス(2)人身事故の場合

【示談書】ひな形と書き方アドバイス(2)人身事故の場合

交通事故で、保険会社を通さず当事者間で示談を行う場合、示談書の書き方に戸惑うドライバーは多いはず。そこで、人身事故における示談書の「事故内容」や「損害賠償額」といった記入項目について、弁護士のアドバイスも含めてみていきましょう。

【示談書】ひな形と書き方アドバイス(1)物損事故の場合

【示談書】ひな形と書き方アドバイス(1)物損事故の場合

事故が起きて、保険会社を通さず当事者間で示談を行い、示談書を作成するケースでは「事故内容」や「示談内容」の記入が必要ですが、どのような点に注意したら良いのでしょうか? 弁護士のアドバイスも含めて示談書の書き方を解説!

物損事故“高額賠償”4つの判例 事故によっては「億」単位も!

物損事故“高額賠償”4つの判例 事故によっては「億」単位も!

物損事故では、壊してしまったものや事故相手によっては、損害賠償金額が1000万円や3000万円、さらに1億円をも超えるケースがあります。具体的にどのような事故が高額賠償となるのか、過去実際に起きた高額賠償判決例を紹介します。

意外に高額! 「ETCバー」や「信号機」道路上のモノの“損害賠償金額”

意外に高額! 「ETCバー」や「信号機」道路上のモノの“損害賠償金額”

道路付属物は、事故時に壊してしまうと高い損害賠償金が必要になります。その額は、3万円から1000万円以上など、さまざま。今回は、ガードレールや電柱、ETCバー、交通標識、信号機といったよく見かける道路上のモノ5つの損害賠償金額を紹介します。

判定!過失割合(2)自動車×自動車・バイク・歩行者…高速道路上や巻き込み事故時の過失割合

判定!過失割合(2)自動車×自動車・バイク・歩行者…高速道路上や巻き込み事故時の過失割合

事故の当事者がとるべき責任の割合を示す「過失割合」。自動車と自動車、自動車とバイク、自動車と歩行者といった当事者ごとに、高速道路上で落下物に衝突したケースや巻き込み事故といったシチュエーションの過失割合の例を見てみましょう。

判定!過失割合(1)自動車同士の交通事故! 交差点や駐車場事故の過失割合は?

判定!過失割合(1)自動車同士の交通事故! 交差点や駐車場事故の過失割合は?

事故当事者のどちらにどれだけの責任があるかを示す過失割合は、事故状況に応じて増減します。今回は、交通事故のなかでもっとも多い交差点や、駐車場における自動車同士の事故の過失割合を見ていきましょう。

いざというときのために!知っておきたい「損保コールセンターの事故対応力」

いざというときのために!知っておきたい「損保コールセンターの事故対応力」

自動車保険に加入しているドライバーが事故に遭った際、最初に連絡するコールセンター。保険選びの段階から知っておきたい、その仕組みや特長とは?

「慰謝料」は「示談金」の一部?両者の違いとは?

「慰謝料」は「示談金」の一部?両者の違いとは?

交通事故の損害賠償請求において、大きな関わりをもつ「示談金」と「慰謝料」。どちらも金銭が絡むことは想定できますが、実は、定義が違えば、請求者にも違いがあるようです。大切なお金のことだから…具体的な解説を見ていきましょう。

治療費・修理費・慰謝料……交通事故「損害賠償」請求までの流れと注意点

治療費・修理費・慰謝料……交通事故「損害賠償」請求までの流れと注意点

誰の身にも降りかかる可能性がある交通事故。自分が受けた損害に対して、加害者からどのような賠償を受けられるのか? 治療費や慰謝料を含む損害賠償の定義や注意点、請求および請求額が決まるまでの流れをご紹介します。

交通事故の罰金(3)追突事故、接触事故…人身事故における罰金の相場とは?

交通事故の罰金(3)追突事故、接触事故…人身事故における罰金の相場とは?

追突事故や接触事故などの人身事故を起こしてしまうと、刑罰として懲役もしくは罰金が発生するケースが多数。その理由と、相場をチェックしましょう。

交通事故の罰金(2)罰金が発生する物損事故 ポイントは「道路交通法違反」

交通事故の罰金(2)罰金が発生する物損事故 ポイントは「道路交通法違反」

物損事故は刑事処分および行政処分の対象とはならないため、罰金が発生することはありません。しかし、事故を起こした経緯によっては、罰金が科されるケースも。そのポイントについて具体的に見ていきましょう。

交通事故の罰金(1)物損事故で罰金は発生する?しない?

交通事故の罰金(1)物損事故で罰金は発生する?しない?

罰金や反則金は、違反の度合いに応じて科されます。特に罰金は、悪質・重大な違反に科せられるもので、刑事処分のひとつ。金額は起訴された後の裁判で決められますが、物損事故では発生しないことが多いようです。いったい、その理由とは?

【交通事故・慰謝料の計算方法】3.弁護士基準の場合

【交通事故・慰謝料の計算方法】3.弁護士基準の場合

交通事故の加害者に損害賠償として慰謝料を請求するにあたり、弁護士に交渉を依頼する「弁護士基準」のケースがあります。その際の慰謝料の相場とは? 算定表を見ながらチェックしていきましょう。

【交通事故・慰謝料の計算方法】2.任意自動車保険の場合

【交通事故・慰謝料の計算方法】2.任意自動車保険の場合

損害賠償額が自賠責保険の限度額120万円を超えた場合、任意自動車保険に加入していれば慰謝料が支払われます。実際のところ、任意保険会社は、慰謝料の支払いに関してどのような計算方法をとっているのでしょうか?算出の際の注意点とは?

【交通事故・慰謝料の計算方法】1.自賠責保険の場合

【交通事故・慰謝料の計算方法】1.自賠責保険の場合

交通事故に遭ったとき、気になる「慰謝料」。通院などのケースもあり、被害側であれば「いくら受け取れるのか?」、加害側なら「支払う額は?」と、相場を知りたいというドライバーも多いでしょう。加入が義務づけられている自賠責保険では、どのような計算方法をとるのでしょうか?

【点数一覧付き】交通事故における点数制度――物損の場合は?自損事故では?

【点数一覧付き】交通事故における点数制度――物損の場合は?自損事故では?

交通事故を起こしたドライバーに対して点数をつける「点数制度」。違反や事故の内容によって点数は異なり、加点数が所定の数に達すると行政処分がなされます。一覧表で具体的に見てみましょう。

交通事故の発生件数は減少傾向に! 国や損保の取り組みとは?

交通事故の発生件数は減少傾向に! 国や損保の取り組みとは?

物損・人身から、追突・接触…様々な種類のある交通事故。2013年の交通事故発生件数は62万9021件にのぼりましたが、事故件数自体は、ここ数年で減少傾向にあります。交通事故の減少に努める、国や自動車保険会社の取り組みとは?

発生件数の多い交通事故「追突事故」と「出会い頭」に役立つ6つの特約

発生件数の多い交通事故「追突事故」と「出会い頭」に役立つ6つの特約

交通事故において、最も発生件数の多い事故類型は「追突事故」次いで「出会い頭衝突」。この2つは、警察庁の発表する統計で毎年、上位となっています。頻繁に起こりがちな追突と出会い頭衝突で役立つ6つの特約とは?

加害側となる高齢者が増加…上がる自動車保険の保険料、抑えるコツは?

加害側となる高齢者が増加…上がる自動車保険の保険料、抑えるコツは?

交通事故の死亡件数が減少傾向にあるなか、高齢者の死亡件数は増加。被害側だけでなく、加害側となる高齢者も増えています。これを受け、大幅に自動車保険の保険料を値上げされた高齢者…その負担額を抑えるコツとは?

増える高齢ドライバーの交通事故! 保険料も大幅値上げ

増える高齢ドライバーの交通事故! 保険料も大幅値上げ

ここ数年、減少傾向にある交通事故の死亡件数。しかし、高齢者にかぎっては、2013年に12年ぶりに増加し、加害者側となる事故が増えています。これを受け、自動車保険会社は、保険料の大幅値上げに踏み切りました。

交通事故の示談交渉の注意点と、自動車保険会社の代行サービス

交通事故の示談交渉の注意点と、自動車保険会社の代行サービス

交通事故が起きたときの示談交渉までの流れや、自動車保険会社の代行サービスなど、理解しづらく専門用語の多い自動車保険の基礎知識をわかりやすく解説。

交通事故における過失割合と過失相殺

交通事故における過失割合と過失相殺

交通事故が起きたとき、最も問題になるのが過失割合です。事故内容と過失割合の例および過失相殺について見ていきましょう。

事故発生時の初期対応

事故発生時の初期対応

事故発生時の初期対応など、理解しづらく専門用語の多い自動車保険の基礎知識をわかりやすく解説。

▲自動車保険の事故対応に関する特集 TOP

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について