三菱自ら、EV電池を使ったスマートグリッド実証実験

EV電池を活用した三菱自動車らの実証実験施設(愛知県岡崎市) [拡大する]

EV電池を活用した三菱自動車らの実証実験施設(愛知県岡崎市)

 三菱商事、三菱自動車、三菱電機は12日、電気自動車(EV)に搭載された蓄電池を活用して工場施設の電力需要平準化を行うスマートグリッド実証実験装置を名古屋製作所(愛知県岡崎市)に完成させ、稼働を開始した。

 同実験では出力が不安定な再生可能エネルギーや夜間電力を蓄電池に充電し、工場やオフィスの電力需要がピークを迎える時間帯に供給。電力需要を平準化させるほか、EVから回収されるリユース蓄電池を活用することでコストを抑え、再生可能エネルギーやEVを普及させることを目的としている。

タグ

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。