確実に“貯蓄”ができる ネット銀行の「自動積み立て」とは

貯蓄がスムーズにできる? ネット銀行の”自動積み立て”について紹介 [拡大する]

貯蓄がスムーズにできる? ネット銀行の”自動積み立て”について紹介

 最近、利用者が増えているネット銀行。「手数料が安い」「定期預金の金利がやや高め」「コンビニATMなどで入出金がしやすい」などのメリットがあって人気だ。

 そんなネット銀行で「自動積み立て」に対応している銀行が、いくつかあることをご存じだろうか。普通預金にお金が入ったままだと、うっかり使ってしまって貯蓄ができないケースも多いが、自動積み立てを使えば定期預金に貯蓄が確実にキープされていくのでオススメだ。そんなネット銀行の「自動積み立て」について、今回お伝えしていこう。

■日付や金額を設定できる

 「自動積み立て」とは、普通口座から定期預金にお金を自動的に振り替えてくれる仕組みのこと。自分の好きな金額や好きな日付(銀行によっては決められた日付から選ぶ場合もある)を決めることができ、無料で利用できる。例えば、「毎月27日に2万円ずつ」「毎月12日に5000円ずつ」などという積み立ての設定ができる。一度手続きをすれば、確実に積みあがっていくのでオススメだ。

 自動積み立てができるネット銀行の例は、ソニー銀行、イオン銀行、楽天銀行が挙げられる。だが、自動積み立ての設定可能な金額は銀行によって異なる。例えば、ソニー銀行なら1000円以上1000円単位、イオン銀行は、5000円以上1000円単位、楽天銀行なら1000円以上1円単位だ。なお、給与振込口座はメガバンクや地方銀行だけでなく、ネット銀行にも指定ができる会社も増えてきているので、検討してみてもいいだろう。

■ほかの銀行からお金を移してくれるサービスも

 ソニー銀行では「おまかせ入金サービス」といった、他の銀行から毎月指定した銀行を自動的にソニー銀行の普通預金口座に入金してもらえるサービスがある。手数料は無料で、利用金額は1万円以上1000円単位だ。

 例えば、勤務先が給与振込口座としてネット銀行を扱っておらず、メガバンクや地方銀行を給与振り込み口座にしているが、“ネット銀行に確実にお金を貯めていきたい”というケースに対応できる。月に3万円、おまかせ入金サービスを使って、メガバンクからソニー銀行にお金を移し、さらに毎月3万円ずつの自動積み立てを設定して定期預金にお金を貯めていくこともできるというわけだ。

 毎月少しずつでも確実に貯蓄をしていけば、数年後には大きなお金になる。「貯蓄ができない」「なかなかお金が貯まらない」と悩んでいる人は、今すぐ自動積み立てを始めてみてはいかがだろうか。

(ライター:西山美紀)
ファイナンシャルプランナー。2児の母。これまでに1万件以上のマネーデータを分析し、500人以上にマネーの取材を行うほか、女性の生き方などをテーマに取材・執筆・記事監修なども行っている。著書に『お金が貯まる「体質」のつくり方』(すばる舎)。公式サイト:http://www.nishiyamamiki.jp/

>> ネットは不安? セキュリティ面で支持された「ネット銀行」

>> お金の貯まる人が実践する“貯蓄法”とは? オススメは「自動積立定期」


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。