本に折りたたみ傘!? お金が貯まる人のカバンの中身とは?

お金が貯まる人のカバンには本が入っていることが多いとか。それによってどんなことが起きているのか!? [拡大する]

お金が貯まる人のカバンには本が入っていることが多いとか。それによってどんなことが起きているのか!?

 お金が貯まる人のバッグには、どんなものが入っているのだろうか。意外かもしれないが、実は「本」が入っていることが多い。『お金が貯まる「体質」のつくり方』(すばる舎)の筆者が、その理由とポイントについて紹介する。

■「本」を読むことで衝動買いの習慣を減らすことに

 お金を上手に貯めている人に取材をした際、気づいたのがバッグの中に本を入れている人が多かったということ。小説など本を読むと、物語の世界に入り込んで読書に集中できる。その結果、気分転換やストレス解消につながる。余計な買い物や暴飲暴食も減るだろう。また、ビジネス書は、1冊あたり2時間分以上のセミナー情報が詰まっていると言われている。数千円以上する受講料や公演に行く手間を考えると、割安だと言えるかもしれない。

 一方で本を読む代わりにスマートフォン(以下、スマホ)を非常によく見るという人の多くは、お金が貯まらなくて悩む人だった。スマホは多くの情報を発信するので、「流行っているから」、「みんなが良いというから」など、本当に欲しいものではなく受動的な衝動買いをしてしまう可能性があるので注意しよう。

 本を読む習慣をつければ、新たな知識が増えて思考力も高まる。それにより仕事効率も上がれば、収入アップにも繋がることだろう。

■小さな心がけで出費を減らす「折り畳み傘」

 出先で雨に降られてビニール傘を買う、という人も多いはず。だが、お金が貯まる人のバッグには、「折り畳み傘」がよく入っている。少し早めに起きて、天気予報を確認する習慣がある人が多く、雨が降りそうだとわかったら、長傘か折り畳み傘を持っていく。ほんの小さな心がけが、余計な出費を生むかどうかの分かれ道となるわけだ。

 大切なのは、気づいていなかった無駄遣いに気づくこと。それにより、いらない出費を減らす習慣が付いて、お金を上手に貯めている人に一歩近づくことになる。最近、本を読んでいないと思った人は、一度気になる本を入手してバッグに入れてみよう。新たな世界が開けて、お金も少しずつ貯まるようになるはずだ。

(ライター:西山美紀)
ファイナンシャルプランナー。2児の母。これまでに1万件以上のマネーデータを分析し、500人以上にマネーの取材を行うほか、女性の生き方などをテーマに取材・執筆・記事監修なども行っている。著書に『お金が貯まる「体質」のつくり方』(すばる舎)。公式サイト:http://www.nishiyamamiki.jp/

>> 【オトクに賢く利用するなら】ネット銀行満足度ランキングをチェック

>> 家計節約術のひとつ! ガス自由化の基礎を紹介

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。