楽天・電子書籍サービス、好調な滑り出し ダウンロード数は「国内最大」

“好調な滑り出し”をみせたという『Kobo Touch』記念レセプションにて楽天・三木谷社長 (写真中央)(C)ORICON DD inc. [拡大する]

“好調な滑り出し”をみせたという『Kobo Touch』記念レセプションにて楽天・三木谷社長 (写真中央)(C)ORICON DD inc.

 楽天は20日、電子書籍サービスと電子ブックリーダー『Kobo Touch(コボタッチ)』の発売の発売記念レセプションを都内で実施した。あいさつに立った同社の三木谷浩史社長はコンテンツのダウンロード数について「発売から2日目で国内最大になったといっていい」と述べ、好調な滑り出しをアピールした。

 『Kobo Touch』はグループ会社のKobo社(カナダ・トロント市)が展開。端末の重さは185グラムと軽く、Wi-Fi機能も搭載されているため、外出先でも手軽に読書ができる点が特徴。1台に最大100冊分のダウンロードが可能で、コンテンツフォーマットは世界標準規格の「EPUB3.0」を採用している。

 発売開始時点でのコンテンツは日本語以外も含め約240万冊を用意。国内コンテンツ数は3万弱だが、1日に1000〜2000程度を追加していき、「最終的には150万を目指す」(三木谷社長)という。

 また、三木谷社長は「年内には、パソコンとの接続なしで初期設定や立ち上げなどを可能にする」とコメント。アップデート版の発表を目指すなど、今後同製品・サービスの改良・拡大に力を入れていく。

ネット生活をもっと快適に! プロバイダ 顧客満足度ランキング


CSランキング特集

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
ORICON STYLE及び、CS RANKINGの著作権その他の権利は、(株)oricon ME、オリコンNewS(株)、またはニュース提供者に帰属していますので、 無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。