【2019年】おすすめの分譲マンション管理会社 近畿ランキング・比較

分譲マンション管理会社 近畿 総合ランキング

1位

三井不動産レジデンシャルサービス関西

70.63
2位

住友不動産建物サービス

70.47
3位

浪速管理

70.32
4位

東急コミュニティー

69.75
5位

阪急阪神ハウジングサポート

69.68
6位

三菱地所コミュニティ

69.22
7位

大京アステージ

69.18
8位

近鉄住宅管理

69.12
8位

長谷工コミュニティ

69.12
10位

野村不動産パートナーズ

68.75
11位

大和ライフネクスト

68.32
12位

グローバルコミュニティ

67.14
13位

日本ハウズイング

66.53
14位

伊藤忠アーバンコミュニティ

66.43

高評企業

規定人数の半数以上の回答があり、総合得点が60.00点以上の企業です。

  • 合人社計画研究所
  • 関電コミュニティ
  • 互光建物管理
  • 日本住宅管理
  • 日本管財

オリコン顧客満足度調査では、実際にサービスを利用した3,202人にアンケート調査を実施。
満足度に関する回答を基に、調査企業36社を対象にした「分譲マンション管理会社 近畿」ランキングを発表しています。

総合満足度だけでなく、様々な切り口から「分譲マンション管理会社 近畿」を評価。さらに回答者の口コミや評判といった、実際のユーザーの声も掲載しています。

サービス検討の際、“ユーザー満足度”からも比較することで「分譲マンション管理会社 近畿」選びにお役立てください。

分譲マンション管理会社 近畿の顧客満足度を項目別に並び替えて比較することが出来ます。

TOP総合ランキング
評価項目別
ランキング
管理人日常業務対応管理会社担当者事務管理業務コストパフォーマンス
築年数別
ランキング
10年以上20年未満20年以上30年未満30年以上
規模別
ランキング
小規模大規模
法人のお客様へ 調査データのご提供|オリコン顧客満足度

オリコン顧客満足度ランキングは、
実際の利用者が評価した調査に
基づいています。

調査方法を詳しく見る

オリコン顧客満足度ロゴ
モニター会員登録の案内|オリコン顧客満足度
オリコン顧客満足度調査とは

サンプル数
3,202

この分譲マンション管理会社 近畿ランキングは、
オリコンの以下の調査に基づいています。

調査概要

事前調査
2018/12/04〜2019/04/24
更新日
2019/09/02
サンプル数
3,202人(分譲マンション管理会社 首都圏/東海/近畿/九州調査を含む総サンプル数12,238人)
規定人数
100人以上
調査企業数
36社
定義
分譲マンションの管理を行う企業を対象とする。
管理業務内容は、管理組合サポート業務、管理員業務、建物・設備管理業務、清掃業務など。
調査期間
2019/04/25〜2019/05/09
2018/06/11〜2018/06/18
調査対象者
性別:指定なし 年齢:20歳以上 地域:近畿(滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県) 条件:過去6年以内に、現在居住しているマンション、または、投資目的などで所有しているマンションで、管理組合の理事会の理事を担当したことがある人

※オリコン顧客満足度ランキングは、データクリーニング(回収したデータから不正回答や異常値を排除)
 および調査対象者条件から外れた回答を除外した上で作成しています。
※「総合ランキング」、「評価項目別」、部門の「業態別」においては有効回答者数が規定人数を満たした企業のみランクイン対象となります。その他の部門においては有効回答者数が規定人数の半数以上の企業がランクイン対象となります。
※総合得点が60.00点以上で、他人に薦めたくないと回答した人の割合が基準値以下の企業がランクイン対象となります。
≫ 詳細はこちら

過去ランキング

推奨意向

継続意向

ランキング監修

ランキング監修 慶應義塾大学理工学部教授 鈴木秀男|オリコン顧客満足度

慶應義塾大学理工学部教授/内閣府 上席科学技術政策フェロー(非常勤)鈴木秀男

【経歴】
1989年慶應義塾大学理工学部管理工学科卒業。
1992年ロチェスター大学経営大学院修士課程修了。
1996年東京工業大学大学院理工学研究科博士課程経営工学専攻修了。博士(工学)取得。
1996年筑波大学社会工学系・講師。2002年6月同助教授。
2008年4月慶應義塾大学理工学部管理工学科・准教授。2011年4月同教授、現在に至る。
2023年4月内閣府 科学技術・イノベーション推進事務局参事官(インフラ・防災担当)付上席科学技術政策フェロー(非常勤)
研究分野は応用統計解析、品質管理、マーケティング。
≫ 鈴木研究室についての詳細はこちら