VWに“最小”モデル『up!』登場 10月に国内導入

VWのラインナップでもっとも小さいモデル『up!』 10月に国内導入 [拡大する]

VWのラインナップでもっとも小さいモデル『up!』 10月に国内導入

 フォルクスワーゲンジャパンは18日、新型スモールカー『up!』を10月1日から全国で発売すると発表した。同車の外観サイズは全長3545mm、 全幅1650mmとなっており、同社史上もっともコンパクトなモデルとなっている。

 同車は、エンジンのレイアウトを工夫するなど、コンパクトながら居住空間を最大化。大人4 人が座れ、小旅行の荷物が置けるラゲージスペースを確保している。また、安全性能を高めるため、自動的にブレーキをかけるほか、追突を回避・軽減させる「シティエマージェンシーブレーキ」を採用。頭部保護機能付きのフロントサイドエアバッグも取り入れている。

 燃費は、新開発の1リッターエンジンと、5速自動変速トランスミッションASGを組み合わせ、JC08 モード23.1km/L。国内で販売するVW車として過去最高となる低燃費を実現した。

 グレードは2ドアの「move up! (車体価格149万円)」、4 ドアに「move up!(同168 万円)と、装備の充実した「high up!(同183 万円)」の、計2グレード3タイプを用意。

 発表された『up!』は、2001年に発売された『Lupo(ルポ)』の後継車。同社は「今回、4 ドアをラインアップすることにより、ゴルフ、ポロに次ぐ販売の柱として育成する」としている。

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。