致死率は着用時の15倍… 「シートベルト非着用」の事故事例

シートベルト非着用者の事故時の致死率は、着用者の約15倍! 自身はもちろん、同乗者の着用もマストだ [拡大する]

シートベルト非着用者の事故時の致死率は、着用者の約15倍! 自身はもちろん、同乗者の着用もマストだ

 ドライバーであれば、自身はもちろん、同乗者にもシートベルトを着用させる義務があることは、誰でも知っているはず。警察庁によると、シートベルト非着用者の事故時の致死率は、着用者の約15倍もあるとされているため、徹底すべきルールのひとつだ。それでも、実際には非着用時の事故事例が多数存在する。今回はその一部を紹介しよう。

■居眠り運転車に衝突されて命を落とした事例

 2010年11月7日午前、石川県内を車で走行していたAが居眠り状態に陥り、時速50キロで対向車線にはみ出し、Bの車と衝突。Bの車は横転してBは死亡、同乗していたBの妻も負傷した。

 Bの妻と長男、長女は、Aを相手取り、約2億1500万円を請求する訴えを提起した。判決では、「Aの過失によって事故が発生したことは明らかだが、Bがシートベルトを着用していなかったことが損害の発生やその拡大に影響を与えたというべき」として、20%の過失相殺などが相当とされ、Aには約9700万円の賠償が命じられた(2013年12月16日東京地裁判決)。

■出会い頭の衝突で車外に出された事例

 2009年2月10日夜、愛知県春日井市の交差点で、普通乗用車と軽乗用車が出会い頭に衝突。そのはずみで軽乗用車は約15メートルはじき飛ばされ、花壇に衝突して横転した。シートベルトを着用していなかった軽乗用車のドライバーは車から放り出され、約10メートル離れた地面に墜落して死亡した。

 軽乗用車のドライバーの遺族は、普通乗用車側に対し、約1億9300万円を請求する訴えを起こした。裁判では、「軽乗用車側がシートベルトを装着していて車外に放り出されなければ、重大な外傷は生じず、人的損害は相当程度限定的であったと推測される」として、最終的に15%の過失相殺を認定し、普通乗用車側には約1億3500万円の賠償を命じた(2014年3月27日名古屋高裁判決)。

 いずれも、シートベルトを着用していなかった“落ち度”が被害を大きくしたと認定され、過失相殺により損害賠償の額が減額されている。着用の大切さを物語る事例といえるだろう。

監修/新橋IT法律事務所 弁護士・谷川徹三氏

>> 事故時に役立つ「自動車保険」 満足度の高い<担当者の対応>ランキング

>> 制作協力/株式会社マイト

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。