夏休みに知っておきたい! “旅行・帰省時”に役立つ3つの自動車保険


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

“旅行・帰省時”に役立つ3つの自動車保険を紹介 [拡大する]

“旅行・帰省時”に役立つ3つの自動車保険を紹介

 夏休みを利用して、旅行や帰省の計画を立てている人も多くいるはず。友人の車やレンタカーを運転する場合、「ほんの一時だから」といって自動車保険に加入しないでいると、事故を起こした際に保険金が支払われず、大きな負担を背負うこともあるのだ。万一に備え、適切な保険に加入しておくべきだが、短期間の運転ではどのようなものが役立つのか? “旅行・帰省時”の運転に役立つ3つの保険を紹介していこう。

【1】ドライバー保険

 ドライバー保険は、記名被保険者が他人の車を借用して起こした事故に対して補償するもの。同居の家族以外が所有する車を運転した場合、すべて対象になるため、友人だけでなく帰省先の実家や親戚の車を借りる際も役に立つ。

【2】ちょいのり保険(1日自動車保険)

 東京海上日動火災保険の「ちょいのり保険(1日自動車保険)」は、ドライバー保険のひとつで、必要な時に必要な日数分だけ加入することができる。自動車保険は、通年で保険料を支払うイメージが強いが、この場合は保険料が1日500円〜とハードルが低い。車両補償の有無が選択可能な点とスマートフォンや携帯電話から加入できる点も特徴だ。

【3】他車運転危険補償特約

 もし友人の車で運転中に事故を起こし、その車の保険を使用すると、等級が下がってしまい、保険料にも影響してしまう。このような事態を避けたいときに役立つのが、自分の加入している保険を優先的に使用するという内容の「他者運転危険補償特約」だ。他人の車を臨時で借用して事故を起こしてしまった場合に、自分の保険を使って補償したい人は付帯しておこう。

 長期休みであれば、海外旅行をする人も多い。その際、車を運転するなら、海外旅行保険の加入時に関連特約をつけておくことだ。現地の保険に加入することも可能だが、万一の時、手続きの面倒さなどを考えると、できるだけ保険は統一しておいたほうが楽だろう。

>> <ランキング>気になる「商品内容の充実」満足度が高い保険会社は?

>> 【自動車保険】の“3つの基本”を知れば、「選び方」がわかる!

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。