自動車保険の「会社」はどう選ぶ? 違いを知れば“より明確”に


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

インターネットや電話で契約をする「ダイレクト型」と、対面で担当者を通じて加入する「代理店型」自分に合うのはどっち? [拡大する]

インターネットや電話で契約をする「ダイレクト型」と、対面で担当者を通じて加入する「代理店型」自分に合うのはどっち?

 前回と前々回で、実は多くの人が意外に知らない自動車保険が「なぜ必要か」「払い続けるのが無駄か否か」を解説したが(関連記事を参照)、今回は加入するための“保険会社選び”について触れたい。自動車の損害保険会社には、「代理店型」と「ダイレクト型」の2種類があり、サービス内容も異なる。それぞれに特徴があるので、違いを理解して、どちらが自分に合うかを知ってもらいたい。

■「代理店型」と「ダイレクト型」とは?

 まず、知っておくべきは、「代理店型」と「ダイレクト型」が何であるか。代理店型自動車保険とは、対面で担当者を通じて加入する自動車保険のことをいう。一方、ダイレクト型自動車保険は、電話やインターネットで見積もりや契約をする“通販型”のことを指す。

■2つの違いは?

 では、この2つにどんな違いがあるのか。代理店型は、顧客のニーズにあった保険商品を案内したり、必要な補償を提案するほか、保険代理店として保険金の請求など金銭の絡む交渉事などもサポートしてくれる。保険料はダイレクト型より高めである。

 一方、ダイレクト型は保険料が代理店型に比べて割安。その代わり、代理店が介在しないので、保険選びや事故時の保険会社への連絡などは基本的に自分で行う必要がある。ちなみに、会社契約の場合はダイレクト型保険では契約できず、代理店を通した契約になる。

■事故時の対応

 事故が起きた場合、当事者は保険会社に対して事故の状況を説明したり、必要な書類を揃えたりして、保険の適用を求める必要がある。ただ、なかには保険会社から「修理費用などが妥当な金額でない」「法的根拠がない」といった理由で、支払いを断られるケースもある。また、法的に争う場合には、証拠を提出する必要も発生する。代理店を介して保険契約を結んでいれば、基本的に代理店が保険会社との交渉をサポートする。ダイレクト型であれば、ある程度は自分で揃えることも必要となる。

■プロが見たそれぞれのメリット

 自動車保険に詳しいファイナンシャルプランナーの長島良介氏に、両者の良い点について聞くと、代理店型は「事故が起きた際に、事故対応の経験が豊富な保険の専門家のサポートを受けられるのは、大きなメリット」と回答。ダイレクト型については「なんといっても保険料が安いことが大きなメリット。自動車保険に関する知識があれば、ダイレクト型で十分」としている。

取材協力:ファイナンシャルプランナー/FP技能士2級 
東京サンコー株式会社代表取締役 長島良介氏

取材・文:寺本亜紀

>>Check! ドライバーの満足度が高い保険会社
【ベスト19】オリコン自動車保険ランキング

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。