愛犬とのドライブ 快適に過ごすポイント


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

ペットと一緒に“安全で快適なドライブ”を楽しむためにはどうしたら良い? [拡大する]

ペットと一緒に“安全で快適なドライブ”を楽しむためにはどうしたら良い?

 ちょっとしたドライブから旅行にまで、愛犬を同行する人は多くなった。人間と愛犬が安全で快適に楽しく車内で過ごすにはどうしたらよいだろうか。いくつかポイントを紹介する。

■車酔いをしないためにも食事時間は配慮して

 食事は、車酔いを軽減させるためにも出発する2〜3時間までに済ませておこう。あくびが多い、ヨダレが出る、体が震える、落ち着きがないなどの症状が出たら車酔いの可能性がある。窓を開けて空気を入れ替えてあげよう。また、体が安定するようにクレートやケージに入れるのも車酔い防止につながる。

 トイレは事前に済ますように促してあげたり、愛犬の匂いが付いた毛布などを車内に持ち込んであげると、落ち着いてドライブを楽しめる。

■車内では安全のために愛犬も固定して

 車内では、人間が安全のためにシートベルトを締めるのと同じように、愛犬もシートベルトで固定したクレートやケージに入れて移動しよう。クレートやケージに入れるのに抵抗がある場合は、シートベルトで固定できるリード(写真1参照)がおすすめ。車内から急に飛び出したり、窓から顔を出すことによる事故を未然に防ぐ対策になる。

 最近では、座席に取り付けるタイプのサークル(写真2,3参照)や、車内シートに敷くマットやクッションなど、さまざまなペット用ドライブグッズも多く販売しているので活用してみよう。車内の傷や汚れから守るだけでなく、急ブレーキや急カーブによるシートからの脱落防止、ケガ防止にもつながる。

■こまめに休息を

 ドライブや車移動に慣れている愛犬でも、車の揺れが長時間続くとストレスがかかる。1〜2時間おきに休息を取るなど、リフレッシュさせてあげよう。サービスエリアでは、ドッグランやドッグカフェ、シャワー付きの水飲み場や、排泄物用のゴミ箱なども用意している場所もあるので有効活用しよう。

 愛犬がドライブに慣れるためには、まずは短い距離からの練習がおすすめ。いつもと違う雰囲気や環境を不安に感じないように声をかけたり、褒めたりして「ドライブは楽しいもの」と教えてあげることもポイント。愛犬が落ち着いていると、ドライバーも安心して運転に集中できる。愛犬の性格や生活スタイルに合わせて、お互いに楽しめる対策を見つけよう。

>> 普通車の自動車保険ランキングを“商品内容の充実度”で確認すると…

>> <あわせて読みたい>置いていくつらさも解消!? ペット旅のススメ

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。