au、電子書籍ストア「ブックパス」にクラウド管理を導入

「ブックパス」iPad向けストアのスクリーンショット。(7月31日まで「読み放題プラン」を無料提供) [拡大する]

「ブックパス」iPad向けストアのスクリーンショット。(7月31日まで「読み放題プラン」を無料提供)

 auが、昨年12月に読み放題サービスを開始したダウンロード型電子書籍ストア「ブックパス」を先ごろリニューアルし、電子書籍では珍しいクラウド上での管理を、一部機種にて導入した。

 従来から提供されているダウンロード型では、動作が軽快な一方、一定以上の保存容量が必要だが、クラウドで管理することにより、空き容量を気にせず、多くの作品を電子書籍で楽しむことができる。また、ブラウザビューアでは再生しているページだけを読み込むのではなく、ページを先回りして読み込むことで待ち時間を軽減。スムーズに読み進めることができるようになったという。

 同ストアが扱う書籍は、『脳男』や『宇宙兄弟』など実写化された小説やコミックから、女性向けの美容・ダイエット系の実用書など、現在12万点にもおよぶ幅広いジャンルを展開。クラウド管理の対応機種は、iOS5.1以上のiPhone4SおよびiOS6.0以上のiPhone5/iPad/iPad mini 。Androidではこれまで通りのダウンロード型アプリで提供する。

タグ
オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

当サイトで公開されている情報(文字、写真、イラスト、画像データ等)及びこれらの配置・編集および構造などについての著作権は株式会社oricon MEに帰属しております。これらの情報を権利者の許可なく無断転載・複製などの二次利用を行うことは固く禁じております。