「自動運転車」って何がすごい? 実現可能な“10の技術”

自動で適切な運転を行う「自動運転車」で可能な“10の技術”とは? [拡大する]

自動で適切な運転を行う「自動運転車」で可能な“10の技術”とは?

 国内では日産やトヨタ、海外ではGoogleなどが開発を進めている「自動運転車」。これは、車自体が標識や道路状況などを検知・判断し、自動で適切な運転を行うというものだ。人間の操作を最小限にとどめることで、人為的ミスによる事故を大幅に減らすことができるといわれているが、具体的にどのようなことが可能なのか?

 日産自動車のWebサイト『日産が考える自動運転』を見てみると、自動運転で可能な技術として【高速道路自動合流】【遅い車の追い越し】【緊急自動操舵回避】【狭路区間の通過】【本線離脱&信号停止】【標識検知&一時停止】【緊急路肩退避】【路肩停止車両の追い越し】【交差点通過】【遠隔自動駐車】の10項目を挙げている。

 これらすべてが実現すれば、かなりの部分をオートメーション化できることになる。最終的には人間が一度もハンドルに手を触れることなく、車が目的地まで運んでくれる領域にまで到達するかもしれない。すでに公道での実走実験もスタートしており、課題は着々とクリアされつつある状況だ。

 次回は、自動運転車をめぐる保険業界の動きについて紹介する。

(文:前田智行)

>> ■見直して比較・検討 <自動車保険>商品内容の充実度ランキング

>> 実用化したらどうなる!? “自動”運転車、事故時の「過失判定」は?


自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。