トラブル発生!ネット銀行のサポート体制は?

  • ネット銀行のサポート体制

 ネット銀行の金利が高かったり、手数料が無料だったりするのは、実店舗を持たないことでコストを軽減しているためです。しかし、実店舗がないということはトラブルが発生したときはどうすればいいのでしょうか。ネット銀行のサポートについてまとめてみました。

困ったときは「お問い合わせ」「お客様サポート」へ

 ネット銀行は実店舗がないため、困ったときは公式サイトの「お問い合わせ」または「お客様サポート」に連絡しましょう。銀行の窓口とほとんど同じサポートを受けられます。
 基本的には電話ですが、ネット銀行によってはオンラインチャットで相談できるところもあります。会話形式でやりとりできるので初めての方でも安心です。
 ただし、一般の銀行と同じで営業時間があり、カード・トークンの紛失等の事故を除いて、比較的早い時間に受付が終了してしまいます。注意しましょう。

サービス案内もネットで

 ネット銀行はサービスの紹介もネットで行っています。金利や手数料はもちろん、外貨預金・ローン・Fx・信託・投資など、すべてのサービス案内をWebサイトで行っているので、まずは公式ページを見てみましょう。
 公式ページを見て分からなかったところや、もっと詳しく知りたい場合は案内専用のフォームから相談してください。パンフレット等の資料を請求することもできるので、ネット銀行の比較・検討を行う場合は積極的に活用しましょう。
 ちなみに大きなネット銀行だと実店舗を持っているところもあります。都市部など限られた地域にあることが多いので利用できないケースもありますが、最寄りにある場合は直接訪ねてみても良いでしょう。

セキュリティサポート

 ネット銀行はインターネット上でお金をやりとりできるのが強み。しかし、その手軽さゆえにIDやパスワードを盗まれてしまうと、第三者にお金を使われる可能性があります。ネット銀行はなりすまし被害を未然に防ぐためにセキュリティ面でもユーザーをサポートしてくれます。たとえば「ワンタイムパスワード」というシステム。トークンというパスワード生成器を使って、期間限定のパスワードを発行するサービスです。万が一パスワードが流出してしまっても、このトークンを持っていなければ口座にアクセスできません。
 フィッシングやウイルスによるID・パスワードの流出が多い今、ワンタイムパスワードは必須と言えるでしょう。
 また、企業によっては無償でセキュリティソフトを配布しているところもあります。ネット上の取引に特化したものであり、通常のブラウジング等に対応したものではありませんが、セキュリティソフトを利用していない人にとっては非常に便利です。近年はスマートフォンからネット銀行を利用することも多いので、スマホ用のセキュリティソフトを配布している銀行もあるようです。
 銀行を決める際に金利や手数料は大事な要素ですが、ネット銀行では同様にセキュリティもチェックする必要があります。安全・安心して利用するためにも、セキュリティサポートがしっかりしている銀行を選ぶようにしてください。