ネット銀行をさらに快適にするお金管理の便利ツール

  • ネット銀行をさらに快適にするお金管理の便利ツール

 「お金をうまく節約したい」「残高や利用額を簡単に管理したい」「取引を便利にしてくれるツールはないかな」…。そんな要望を持っている人に使ってもらいたいのが、ネット銀行が提供している便利ツール。とても便利かつ魅力的なツールが展開されているので、「好きなツールからネット銀行を選んでみる」というのもいいかもしれませんよ。

MoneyLook(住信SBIネット銀行)

 ネット銀行の大手・住信SBIネット銀行が提供しているのがオンラインサービスの「MoneyLook」です。特徴は個人資産を総合的に管理できること。家計簿を付けたい人はもちろんのこと、口座を手軽に管理したい人やクレジットカードの利用状況を把握したい人にとっても便利なツールです。
 家計簿ツールとして便利なのが「キャッシュ管理」機能。投稿フォームに金額とメモを入力するだけで、自動で計算してくれます。自動でグラフ化もしてくれるので、お金の利用状況をひと目で把握することができるでしょう。
 「目標管理」機能は貯金したい人におすすめの機能です。はじめに「旅行費用」とか「マイホームの購入資金」とか具体的な目標予算を設定すると、必要な資金が貯まるまで進捗状況を金額とパーセントで表示してくれます。計画的に貯金することができるでしょう。

人生手帳(ソニー銀行)

 ソニー銀行では「資産やお金の管理に役立つツール」として4つのツールが、金融情報や取引に役立つツールとして8つのツールが提供しています。今回紹介するのは、資産やお金の管理に役立つツールである「人生手帳」です。機能は大きく分けて3つあります。
 1つが口座情報一覧機能。カレンダーに銀行口座からの引き落としや振り込み、カードでの支払いなどが自動で表示される機能です。これで、いつ何に使ったかひと目で分かります。ソニー銀行以外の金融機関を登録できたり、Googleカレンダーと連携したりすることもできます。
 2つ目は資産の推移をグラフで確認できる機能。銀行・証券会社・FX会社などの残高を3年分をグラフ化することができ、これを見れば残高の推移は一目瞭然となります。
 そして、3つ目は家計簿モード。登録したクレジットカードや銀行などの明細情報から自動的に家計簿を作成する機能です。支出の内訳は費目別に分けたり、グラフ表示できたりするので、家計の無駄を知るのには最適の家計簿になるでしょう。

JNB-FX PLUS(ジャパンネット銀行)

 日本初のネット銀行であるジャパンネット銀行では、「JNB-FX PLUSテクニカるナビ」というFX用の取引ツールを提供しています。テクニカるナビのメイン機能は「形状予測チャート」です。過去のチャートから将来のチャートの動きを予想してくれる機能となっています。主要通貨はほぼ網羅しており、マイナー通貨にも対応していることも特徴で、最短で5分足から閲覧できるため、短期売買するときに便利なツールとなるでしょう。
 また「テクニカルランキング」という通貨ペアごとの売買傾向をランキングしてくれる機能もあります。スマートフォン版のテクニカるナビでは形状予測チャートは使えませんが、テクニカルランキングは利用できるので、外出先でも売買傾向や為替変動の大きな通貨ペアをチェックすることができます。