事故・事故対応に関する特集

【対象別に事例紹介】「自転車事故」の恐るべき高額賠償 対バイクでも加害者に!

【対象別に事例紹介】「自転車事故」の恐るべき高額賠償 対バイクでも加害者に!

2013年の自転車事故の発生件数は、約12万件。近年は、対歩行者、自転車同士の事故も増えており、被害者を死傷させてしまい高額な損害賠償を請求されるケースも少なくない。今回は、数千万円の高額賠償を命じられた事例をまとめて紹介する。

自転車事故で約1億円の賠償責任…実例で見る保険の必要性

自転車事故で約1億円の賠償責任…実例で見る保険の必要性

自転車は手軽に乗れる乗り物だが、軽車両でもある。事故を起こした場合は高額賠償となる可能性も……。それでも自転車向け保険への加入率は、保有台数7000万台のうち、1%に満たない。自転車事故がどれほど危険なものか、実際の賠償事例を紹介する。

自転車保険はなぜ必要? 知っておくべき3つの「事故のリスク」

自転車保険はなぜ必要? 知っておくべき3つの「事故のリスク」

便利な移動手段として、子どもから高齢者まで活用する自転車。走行上の事故のリスクには、どのようなものがあるのか? 最も大きなリスクと、必要な備えについても合わせて解説する。

高額賠償も…「自転車事故」の現状解説 事故の約4割が24歳以下

高額賠償も…「自転車事故」の現状解説 事故の約4割が24歳以下

2013年は12万1040件もの自転車事故が発生。当事者のどちらか一方が自転車乗用中の事故は、実に4分20秒に1件の割合で起こっているのが実態だ。では、死傷者数は? 近年の現状について詳しく解説する。

▲事故・事故対応に関する特集 TOP

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。