無選択型終身保険

  • 無選択型終身保険

 無選択型保険とは、原則として医師の審査などを必要とせず、既往症や過去の入院・手術歴、現在の健康状態に関係なく加入できる保険のことです。このうち無選択型終身保険とは保障が一生涯続くもので、掛け捨てではなく解約返戻金が戻ってきます(短期間で解約した場合は解約返戻金がない可能性もあります)。
「健康状態に不安があるが、万が一に備えてもうひとつ保険に加入しておきたい」「生命保険に加入したいが、以前健康診断で加入を断られた」というような方は、無選択型終身保険への加入をご検討になってみてはいかがでしょうか。

無選択型終身保険の仕組み

 一般的な生命保険では、加入時に医師の審査や告知によって加入を拒否される場合があります。これに対し無選択型終身保険では現在の健康状態に関係なく加入が可能となっています。(ただし、誰でも加入できるわけではありません。保険会社によっては年齢の上限に定めがある場合、また特に危険な職業に就いている方の場合は契約の拒否や保障内容の制限などが課せられる場合があります)

なお、無選択型終身保険の保険料の払込方法は終身払いとなっている商品が多く、加入期間によっては保険料の払込総額が死亡保険金額を上回る可能性もあります。また、多くの商品は病気で亡くなった場合の死亡保険金が比較的少額に設定されているという特徴がみられます。

無選択型終身保険の特徴

 無選択型終身保険では、一定条件を満たす人なら健康状態に関わらず加入することができ、ほとんどの病気や事故による死亡を一生涯保障します。ただし無選択型である特性上「余命を知ってから保険に加入する」人もいるものと考えられ、加入日から一定期間以内の病気による死亡は既払込保険料相当額を死亡保険金に充てるタイプの商品が一般的となっています(交通事故などの不慮の災害、または所定の感染症などで亡くなった場合は加入日からの経過期間に関わらず満額の保険金が支払われます)。

無選択型終身保険の注意点

 無選択型終身保険はどうしても一般的な終身保険より保障内容に対して保険料が割高になる傾向があります。
このため、健康状態の程度によっては、一般的な生命保険の契約基準よりも告知項目の少ない「引受基準緩和型保険」や、一定の条件をつけたうえで保険契約を結ぶ「特別条件付き契約」なども検討してみてはいかがでしょうか。これらの保険は一般的な生命保険と無選択型終身保険の中間に位置し、保険加入のためのハードルの高さに反比例して保険料が安くなるように設計されています。

「健康状態に不安がある→無選択型終身保険しか選択肢がない」というわけではなく、「現在の健康状態に応じて加入できる保険商品を検討する。ほかのすべての生命保険に加入できなくても、無選択型終身保険という最後の砦がある」とお考えになるべきかもしれません。
まずは自分の健康状態を率直に説明し、そのうえで適正な保険をお選びいただくことがベストではないでしょうか。
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。