定期保険(収入保障保険)

  • 定期保険(収入保障保険)

 万が一のことに見舞われた際に、残された家族の生活を保障してくれる定期保険。「収入保障保険」はこの定期保険の中でも勝手の良い保険として知られており、「生命保険は収入保障保険で十分」と指摘する専門家も少なくありません。では、収入保障保険はどんな仕組みの保険であり、どのようなメリットがあるのでしょうか。具体的に説明します。

収入保障保険の仕組み

 収入保障保険とは定期保険の一種です。被保険者が死亡または高度障害状態になったとき、残された家族の生活のために、決められた期間、保険会社がお金を給付します。特約(オプションのこと)がついている場合は、入院や手術などで保険金が支払われたりすることもありますが、基本的に死亡もしくは高度障害のみです。

 収入保障保険は決められた期間、毎月支払われるタイプの保険なので、給付する時期が早いか遅いかによって総額が変わってくることには注意しましょう。

収入保障保険の特徴

 収入保障保険の大きな特徴は、支払われる保険金は一括ではなく、毎月のお給料のように分割で支払われること(プランによっては一時金にすることもできます)。「収入保障」という名称もここから来ています。一度に大きな額を給付されると、もし使いすぎてしまった場合に困ってしまいますが、毎月のお給料のように受け取れれば、計画的に使えて安心ですよね。

 また、収入保障保険は基本的に掛け捨てなので、毎月の保険料が安くなることもメリットです。保険会社にとっても分割は一括より負担が少なくなるため、他の生命保険に比べて、さらに安い保険料に設定することもできます。つまり、少ない保険金で大きな保障を受けられることが可能になるのです。

収入保障保険はこんな人にオススメ

 ここまで、収入保障保険の基本的な仕組みとメリットについて説明してきました。さまざまな特徴を持つ収入保障保険ですが、では、どんな人・シチュエーションに向いている保険なのでしょうか。

1、収入もしくは貯蓄が少なく、小さな子どもがいる人
 子どもの進学費用は大学卒業まで含めると800万円〜1,500万円のお金が必要だと言われています。大学までいかなくとも、小さな子どもがいる家庭というのは一定期間・一定の額が必要です。
 収入があっても貯蓄が少ない家庭は、収入が途絶えてしまうと生活の維持ができません。また、収入が低い家庭の場合はそもそも高額な保険料が支払えない可能性もあります。低コストで調達できる収入保障保険は、どちらの家庭の事情にも合っている保険だといえます。

2、計画的にお金を使うのが苦手な人
 宝くじが当選したことで人生を踏み外してしまった、というのはよく聞かれるエピソードですよね。数千万円ものお金を一度に受け取る生命保険は、計画的に使っていくことが求められますが、つい使いすぎてしまうということも十分に考えられます。収入保障保険ならば、毎月一定額を受け取ることになるため、ムダ使いを防止できます。

3、健康・安全運転の人
 健康状態によって保険料の割引がある収入保障保険。「たばこを吸っていない」「太っていない」「ゴールド免許を持っている」人は特別な割引を受けられることがあるのでオススメします。
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。