定期保険とは

  • 定期保険とは

 定期保険とはその名の通り定まった期間のみを保障する保険のこと。割安な保険料で大きな保障を得られることがメリットですが、保険料が掛け捨てのため敬遠されることも。実際に定期保険にはどのようなメリット・デメリットがあるのか、また一口に定期保険といってもどのようなタイプがあるのか、具体的に見ていきましょう。

定期保険の仕組み

 生命保険の基本的な分類として定期保険、終身保険、養老保険の3タイプがありますが、このうち定期保険はあらかじめ決められた期間だけ加入し、一定期間内に死亡や高度障害状態になったときに保険金が支払われる仕組みの保険です。

 支払った保険料は途中で解約したら基本的にお金は返ってきませんし、あったとしても少額。また、満期になっても満期金は戻ってきません。つまり貯蓄性はなく、これを「掛け捨て」と呼びます。このことから「定期保険は損だ」と思われることもありますが、定期保険はメリットも多い保険です。なかでも最大のメリットは「保険料の安さ」。

定期保険のメリット

 定期保険は「小さな負担で大きな保障」と言われることがあります。月々の支払いは、終身保険や養老保険のような解約払戻金と満期金があって貯蓄性の高い保険に比べてずっと少額です。家計を圧迫することなく、万が一の際に多額の保障を受けられることは大きな魅力でしょう。

 また、定期保険は見直しのときに便利な保険です。貯蓄性の高い保険は、解約時、満期金や解約払戻金が減ってしまうことがありました。しかし、定期保険のような掛け捨てタイプには、そもそも戻ってくるお金はないため気軽に見直しすることができます。そのことから、保障が必要となる大切な時期にだけ定期保険を付けて保障を厚くしておく、という使い方にも適しています。

定期保険の種類

 さて、これまで定期保険の基本的な仕組みについて述べてきましたが、一口に定期保険といっても種類はさまざま。代表的なものを簡単に確認しておきましょう。

○収入保障保険
保険金が毎月一定額振り込まれる、言ってしまえば「お給料タイプ」の保険のこと。
保険会社によっては「家計保障定期保険」とか「家族収入保険」などという名称で呼ばれることもあります。

○長期平準定期保険
長期平準定期保険とは、定期保険の中でも特に長期の保険期間を設定した保険のこと。
終身保険に近い死亡保障が受けられます。

○逓減(ていげん)定期保険
逓減定期保険とは保険料は一定ですが、保険期間の経過と共に保障額が減っていく保険のこと。
子どもの成長や住宅ローンの減少など、ライフプランに合わせやすい保険だと言われています。

○逓増(ていぞう)定期保険
逓増定期保険とは保険料は一定ですが、保証期間の経過と共に保障額が増えていく保険のこと。
一般に企業の経営者が利用することが多い保険で、在任中の経営者の死亡リスクへの備えや資金繰り対策などとして活用されています。

このように定期保険といっても少しずつ違いがありますから、保険に加入したり見直したりするときは、ライフプランに合ったものを選ぶようにしてください。
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。