分析・検証特集

「株は5月に売れ」は迷信か真実か? アノマリーの真偽に迫る

「株は5月に売れ」は迷信か真実か? アノマリーの真偽に迫る

証券市場において、経済合理性だけでは説明ができない現象を指す「アノマリー」。理論だてた解説はないが、5月には「セル・イン・メイ=株は5月に売れ」というアノマリーがある。そこで、このアノマリーは迷信か真実か? 収益率のデータから真偽を分析した結果、投資家にとっては軽視できない結果を得た。

六本木ヒルズの入居企業をマップ化して見えた“ヒルズ族”の栄枯盛衰

六本木ヒルズの入居企業をマップ化して見えた“ヒルズ族”の栄枯盛衰

ヒルズ族という言葉を生み出し、ITベンチャーや投資ファンドが多数入居し、栄華を誇った六本木ヒルズの今と昔はどう変わったのか。売上高激減も、ソシャゲ勢の利益率に注目。入居企業の各種データから考察する。

企業の収益力、鍵は「従業員の平均年齢」 1歳増で“−1億円”超え?

企業の収益力、鍵は「従業員の平均年齢」 1歳増で“−1億円”超え?

従業員の平均年齢は、企業の収益力に影響するのか? しばしば語られる「平均年齢」と「収益力」の関係を探るべく、上場企業の発表する有価証券報告書の資料を基に分析を実施。社員の平均年齢35歳以上は黄信号? 平均年齢1歳増で、1億2千万円の収益減は本当か?

▲分析・検証特集 TOP

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。