NISA特集

NISAはデメリットが多い?利用する際の注意点やポイントを解説

NISAはデメリットが多い?注意点やポイントを解説

NISAはデメリットが多いといわれますが、仕組みを理解して適切に資産運用を行えば、大きなメリットがあります。NISAを利用する際の注意点やポイントを解説します。

ネット証券の手数料を徹底比較!選び方のポイントも解説

ネット証券の手数料を徹底比較!選び方のポイントも解説

株式の取引をする際には手数料がかかるため、取引頻度や金額に応じたネット証券を選ぶことが大切です。手数料の仕組みを解説し、ネット証券6社の手数料を徹底比較します。

NISAは解約できる?解約の方法や積立をやめる以外の選択肢

NISAは解約できる?解約の方法や積立をやめる以外の選択肢

何らかの理由でNISAの積立をやめたいと思う人もいるかもしれません。NISAの解約方法や解約のデメリット、事前に知っておきたい解約以外の選択肢をご紹介します。

NISAの積立の始め方は?新NISAを始めるSTEPを解説

NISAの積立の始め方は?新NISAを始めるSTEPを解説

NISAで積立投資を始めてみたいと考えていても、始め方がわからず不安に感じるかもしれません。NISAの概要や始め方について解説します。

つみたて投資枠のデメリットは?新NISAを始める前に知りたい注意点

つみたて投資枠のデメリットは?新NISAを始める前に知りたい

メリットの多い新NISA制度ですが、デメリットはないのか不安に感じる人もいるでしょう。新NISAのつみたて投資枠のメリット・デメリット、注意点などをご紹介します。

NISA口座は複数開設できる?金融機関変更や二重申込の場合を解説

NISA口座は複数開設できる?金融機関変更や二重申込の場合

NISA口座を複数持てるかどうかについて解説します。併せて、NISA口座のある金融機関を変更する方法や、誤って二重で申込んだ場合にどうなるかもご紹介しましょう。

新NISAはいつから?2024年からの変更ポイントと注意点を解説

新NISAはいつから?変更のポイントと注意点を解説

2024年1月から「新NISA」制度が始まります。新NISAとこれまでのNISAがどのように違うのか、変更のポイントや始めるための手続き、注意点などを紹介します。

新NISAはつみたてNISAと併用可能?2つの投資枠と活用方法を解説

新NISAはつみたてNISAと併用可能?活用方法を解説

新NISAの開始で、現行NISAがどうなるか気になる人もいるでしょう。現行制度のつみたてNISAと一般NISAがどう変わるのか、新NISAと現行NISAは併用できるのかなどについてご紹介します。

新NISAは改悪?制度の変更点と活用のポイントを解説

新NISAは改悪?制度の変更点と活用のポイントを解説

新NISAについて、一部「改悪」と思われるような変更点もあるようです。新NISAが現行NISAから変更になった点や改悪と考えられる理由、活用のポイントについて紹介します。

新NISAの移行(ロールオーバー)はできない?手続きは必要?

新NISAの移行(ロールオーバー)はできない?手続きは必要?

新NISAの制度開始が迫り、現行のNISAをどう切り替えるか、保有商品はどうなるのかなど気になる点は多いです。新NISAの制度概要やロールオーバーがどうなるかについて解説します。

新NISAで証券会社は変更できる?手続きの方法と注意点

新NISAで証券会社は変更できる?手続きの方法と注意点

新NISAを始めるにあたって、証券会社を変更したいと考えている人もいるのではないでしょうか。証券会社を変更する手続きや必要なもの、注意点などについて解説します。

つみたてNISAのメリット・デメリット、長期投資がすすめられる理由とは?

つみたてNISA、メリット・デメリットを紹介

長期の資産形成を応援する制度として2018年1月に始まった「つみたてNISA」。少額から積み立て投資が可能で、非課税期間も20年と長く、選べる商品は厳選されたリスクを抑えた投資信託のみであり、投資運用に不安を抱える初心者にとっても扱いやすい制度だ。しかし、20年かけたら本当に利益を得られるのか? そんな素朴な疑問を持つ人も多いだろう。ここでは、つみたてNISAを始める前に知っておきたいメリットと注意点に加えて、長期投資をおすすめする理由についても解説する。

NISAとは? 初心者が知っておきたい、基本の仕組みと注意点 2024年からの新NISA制度も紹介

NISAとは? 基本の仕組みと注意点 2024年新制度も

資産形成の制度として注目を高めているNISA(ニーサ)。少額からの投資が可能で、利益の受け取りに税金がかからないため、貯蓄目的で始める人も多い。一方では「興味はあるけれど、詳しくは分からない」「実際に運用できるかが不安」という人や、「いまさら始めても遅いのでは」と考える人も多いだろう。実は2024年1月からは“新しいNISA”へ移行するため、これからNISAを開始する人もまだまだ非課税のメリットを受けることができるのだ。ここでは、これだけは押さえておきたいNISAの基本や、安心して始めるために知っておきた

NISA・つみたてNISA口座開設の流れ 注意したい“二重口座”判定とは? 開設前のチェックポイント

NISA・つみたてNISA口座開設の基本

投資で得た利益に税金がかからないため、資産形成の手段としてますます関心が高まるNISA(少額投資非課税制度)。実際に一般NISA、つみたてNISAを始めるとなったら、まずは「NISA口座」を開設する必要がある。投資が初めての人にとっては口座開設にハードルを高く感じることもあるだろう。ここでは、口座開設手続きの流れと併せて、口座開設前にチェックしておきたいポイントを紹介する。

NISA(ニーサ)で運用する商品選びの基本をおさえよう

NISA(ニーサ)で運用する商品選びの基本をおさえよう

NISA(ニーサ/少額投資非課税制度)のスタートを機に、初めての投資をスタートさせるなら、自分に合った金融商品を選ぶことが重要。まずはNISA口座を通じて購入可能な商品、できない商品をチェックし、基礎用語の解説とあわせて理解を深めよう。

NISA口座開設“よくあるQ&A”

NISA口座開設“よくあるQ&A”

NISA(ニーサ/少額投資非課税制度)を始めるには専用口座の開設が必要。口座開設に関する手続き方法を、初心者にも分かりやすいQ&A形式で解説する。

分析力が鍵! NISA(ニーサ)運用商品「値上がり株」「外国株」「高配当株」が上級者向けの理由

分析力が鍵! NISA(ニーサ)運用商品「値上がり株」「外国株」「高配当株」が上級者向けの理由

投資経験のある人や、高額投資が可能な人がNISA(ニーサ)を活用するなら…? これまでの経験や知識、投資スキルを生かして、今後の株価上昇が期待できる「値上がり株」か、または国内投資よりも運用成績アップの可能性がある「外国株」? それとも配当額に注目する「高配当利回り銘柄」か? それぞれの特徴を掴んで、自分に合った運用商品を選んでいこう!

NISA(ニーサ)、商品選びのコツは? 投資初心者なら低リスクの「株主優待銘柄」と「投信積立」

NISA(ニーサ)、商品選びのコツは? 投資初心者なら低リスクの「株主優待銘柄」と「投信積立」

 投資経験の少ない初心者にとって、NISA(ニーサ)で運用する商品選びのポイントは、「身の丈に合った商品」を見極めること。少額投資からスタートできて、低リスクで運用しやすい「株主優待付き銘柄」と「投信積立」がおすすめです。まずはおすすめ銘柄と商品の「選び方のコツ」を身に付けよう。

子ども版NISAは受験費用に充当できない!? 引き出し年齢制限の落とし穴

子ども版NISAは受験費用に充当できない!? 引き出し年齢制限の落とし穴

現在、導入に向けて検討が進んでいる「子ども版NISA(ニーサ)」。NISA(ニーサ)拡充策として活性化が期待されているが“引き出し年齢制限”が意外な落とし穴になる可能性も…。導入に伴う懸念点を検証してみた。

「子ども版NISA」なぜ導入? 生前贈与対策として活性化の鍵に??

「子ども版NISA」なぜ導入? 生前贈与対策として活性化の鍵に??

今年から始まった少額投資非課税制度「NISA(ニーサ)」の子ども版が、現在導入に向けて検討されている。不振が続くNISA(ニーサ)を“生前贈与対策”として活性化させたいという背景もあるというが、導入の本当の狙いとは?

▲NISA特集 TOP

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

当サイトで公開されている情報(文字、写真、イラスト、画像データ等)及びこれらの配置・編集および構造などについての著作権は株式会社oricon MEに帰属しております。これらの情報を権利者の許可なく無断転載・複製などの二次利用を行うことは固く禁じております。