NISA特集

NISA制度改定! 新ルール「金融機関変更OK」のメリット&注意点と手続き方法

NISA制度改定! 新ルール「金融機関変更OK」のメリット&注意点と手続き方法

 2014年から始まった投資の新制度「NISA(ニーサ)」。開始当初は、利用する金融機関を4年間変更できないと設定されていたが、2015年からは毎年変更ができるようになる。金融機関を変更するメリット&注意点、手続き方法を解説する。

子ども版NISAは受験費用に充当できない!? 引き出し年齢制限の落とし穴

子ども版NISAは受験費用に充当できない!? 引き出し年齢制限の落とし穴

現在、導入に向けて検討が進んでいる「子ども版NISA(ニーサ)」。NISA(ニーサ)拡充策として活性化が期待されているが“引き出し年齢制限”が意外な落とし穴になる可能性も…。導入に伴う懸念点を検証してみた。

「子ども版NISA」なぜ導入? 生前贈与対策として活性化の鍵に??

「子ども版NISA」なぜ導入? 生前贈与対策として活性化の鍵に??

今年から始まった少額投資非課税制度「NISA(ニーサ)」の子ども版が、現在導入に向けて検討されている。不振が続くNISA(ニーサ)を“生前贈与対策”として活性化させたいという背景もあるというが、導入の本当の狙いとは?

分析力が鍵! NISA(ニーサ)運用商品「値上がり株」「外国株」「高配当株」が上級者向けの理由

分析力が鍵! NISA(ニーサ)運用商品「値上がり株」「外国株」「高配当株」が上級者向けの理由

投資経験のある人や、高額投資が可能な人がNISA(ニーサ)を活用するなら…? これまでの経験や知識、投資スキルを生かして、今後の株価上昇が期待できる「値上がり株」か、または国内投資よりも運用成績アップの可能性がある「外国株」? それとも配当額に注目する「高配当利回り銘柄」か? それぞれの特徴を掴んで、自分に合った運用商品を選んでいこう!

NISA(ニーサ)、商品選びのコツは? 投資初心者なら低リスクの「株主優待銘柄」と「投信積立」

NISA(ニーサ)、商品選びのコツは? 投資初心者なら低リスクの「株主優待銘柄」と「投信積立」

 投資経験の少ない初心者にとって、NISA(ニーサ)で運用する商品選びのポイントは、「身の丈に合った商品」を見極めること。少額投資からスタートできて、低リスクで運用しやすい「株主優待付き銘柄」と「投信積立」がおすすめです。まずはおすすめ銘柄と商品の「選び方のコツ」を身に付けよう。

NISA(ニーサ)で運用する商品選びの基本をおさえよう

NISA(ニーサ)で運用する商品選びの基本をおさえよう

NISA(ニーサ/少額投資非課税制度)のスタートを機に、初めての投資をスタートさせるなら、自分に合った金融商品を選ぶことが重要。まずはNISA口座を通じて購入可能な商品、できない商品をチェックし、基礎用語の解説とあわせて理解を深めよう。

NISA口座開設“よくあるQ&A”

NISA口座開設“よくあるQ&A”

NISA(ニーサ/少額投資非課税制度)を始めるには専用口座の開設が必要。口座開設に関する手続き方法を、初心者にも分かりやすいQ&A形式で解説する。

投資が有利になる新制度「NISA」とは?

投資が有利になる新制度「NISA」とは?

 NISA(ニーサ/少額投資非課税制度)とは、年間100万円の投資が非課税となる新制度。その内容をしっかり理解しよう。

▲NISA特集 TOP

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。