オリコン『ハウスメーカー(注文住宅)』総合第1位は【スウェーデンハウス】〜注文住宅に変化の兆し!?

『ハウスメーカー(注文住宅)ランキング』総合第1位【スウェーデンハウス】(※画像はモデルルーム) [拡大する]

『ハウスメーカー(注文住宅)ランキング』総合第1位【スウェーデンハウス】(※画像はモデルルーム)

 「目に見えないサービスを可視化する」をコンセプトにした「オリコン顧客満足度ランキング」の『ハウスメーカー(注文住宅)』ベスト14、『住宅設備ショールーム』ベスト10が先ごろ発表された。『ハウスメーカー(注文住宅)』総合第1位は満足度76.57点の【スウェーデンハウス】、『住宅設備ショールーム』総合第1位は満足度76.91点の【タカラスタンダード】となった。

 『ハウスメーカー(注文住宅)』ランキングの総合第2位は【旭化成ホームズ(ヘーベルハウス)】(満足度76.22点)、総合第3位は【積水ハウス】(満足度75.66点)。そして『住宅設備ショールーム』ランキングの総合第2位は【TOTO】(満足度76.77点)、総合第3位は【パナソニック】(満足度76.57点)という結果となった。

 『ハウスメーカー(注文住宅)』総合第1位の【スウェーデンハウス】は、1984年設立のスウェーデン発の輸入住宅メーカー。「(設立当時)家は消費財であり、25年で建て替えるものだという考えが一般的だったのです。しっかりとした性能の家を建てるという、スウェーデンハウスの理念はなかなか理解してもらえませんでした」。スウェーデンハウスがHPでこう指摘するように、日本の注文住宅は長い間、立て替えを前提として作られてきたようだ。

 しかし、今回の上位3社はどれも、家選びの第一歩からアフターケアに至るまでの満足度で高得点を獲得。特に、総合第2位の【旭化成ホームズ(ヘーベルハウス)】は『築年数別』満足度ランキングで、築年数「1年以内」10位、「2〜6年」4位、「7〜10年」1位と、築年数が増すほど満足度がランクアップするという結果になった。これは、家を建てる前はもちろん、建てた後こそ重要というユーザーの視点が反映された結果といえ、ユーザーが抱く理想の注文住宅像に、変化の兆しが見えてきたといえるのではないだろうか。

 『住宅設備ショールーム』では、総合第1位の【タカラスタンダード】(満足度76.91点)が、品質に加え価格の満足度も高く、コストパフォーマンスの良さがユーザーに評価されたようだ。ちなみに、総合第2位【TOTO】(満足度76.77点)、総合第3位【パナソニック】(満足度76.57点)と、上位3社の満足度はいずれも僅差だった。

 タカラスタンダード担当者の「当社独自のホーロー商品を実際に見て、触れて納得して購入いただくために、当社は早い段階からショールームの重要性を感じ、全国170ヶ所の地域に密着したショールームを展開すると共に、アドバイザーに対する人材教育にも力を入れております」というコメントからもわかるように、住宅設備ショールームの立地は、ユーザーにとって重要な選択要素のひとつ。『項目別ランキング』・「ショールームの立地の良さ(アクセスの良さ)」で上位の東京ガスが総合第4位(76.15点)、大阪ガスが総合第7位(74.90点)と、それぞれが地域に根ざした企業であるにも関わらず総合でも高順位なのも、ショールームの立地やその見やすさが、ランキングに影響していることを裏付けている。

 特筆すべきは、INAXなど計5社が2011年に統合して誕生したLIXIL(リクシル)。総合順位こそ第6位だが、統合後まだ間もないなか、どの分野もまんべんなく満足度を獲得しており、今後に注目したい。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。