雨天時の交通事故削減目指し 渋谷でイベント開催


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

首都高速道路の交通事故削減を目指しさまざまな啓蒙活動を行っている「東京スマートドライバー」 [拡大する]

首都高速道路の交通事故削減を目指しさまざまな啓蒙活動を行っている「東京スマートドライバー」

 首都高速道路の交通事故削減プロジェクト「東京スマートドライバー」が、東京の降水確率が1年でもっとも高くなる6月28日に渋谷エリアでイベントを実施する。同企画には渋谷で傘のシェアリングサービスを展開する一般社団法人シブカサとコラボレーション。オリジナル傘を手に渋谷の街をウォーキングし、雨天時に激増する交通事故の削減を訴える。

 「東京スマートドライバー」は小山薫堂氏が発起人となり、07年に発足したプロジェクト。現在は賛同者約10万人と共に“運転に優しい気持ちを”という思いを込めさまざまな活動を行っている。

 28日に行われるイベントは、午前7時30分に代々木公園に集合して朝食を摂りながら雨天時の交通事故削減アイデアを語り、「雨天時5倍になる首都高の交通事故を防ぐために、ゆるやかに走ろう」という想いを込めたピンクチェックの傘をさして渋谷駅までウォーキングするという内容。参加はメールもしくはFacebookのエントリーで受け付ける。

 首都高速道路によると、雨が降っている時間は年間総時間の1割に満たないものの雨天時に発生した交通事故件数は全体の約2割を占めているという。また、雨天時の1時間あたりの交通事故件数は晴天時に比べ約5倍に増加しており、首都高では雨の日交通事故多発マップを提供するなどし、安全運転を呼び掛けている。

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。