ボルボ、世界初の“歩行者用エアバッグ”の仕組み公開


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

新型ボルボV40に搭載される、世界初の「歩行者用エアバッグ」 [拡大する]

新型ボルボV40に搭載される、世界初の「歩行者用エアバッグ」

 ボルボ・カー・コーポレーションは23日、新型ボルボV40に世界で初めて導入される、世界初の「歩行者用エアバッグ」の仕組みについて公開した。車体が何らかの物体と接触すると車の正面に埋め込まれた7つのセンサーが感知し、感知した物体が人間の脚として認知されるとボンネットが10cm上昇してエアバッグが膨張。ボンネットとぶつかった時の衝撃やフロントガラス、Aピラーとの激突を和らげる効果が期待されている。

 同社は「車と歩行者の事故による最も深刻な頭部外傷は、ボンネットの下にある硬いエンジンなどの部品と、フロントガラスの下縁部やAピラーへの衝突によって引き起こされている」と分析し、世界初の“歩行者用エアバッグ”について開発を開始。コンピュータによるシミュレーションと人間を模した脚と頭部の模型を使って研究・実験を繰り返し、ボンネットを10cm上昇させることで、ボンネットとエンジンコンパートメント内の硬い部品の間に隙間を作り、衝撃を吸収する技術を開発した。

 また、フロント部で膨らむエアバッグはワイパー全体の収納部とフロントガラスの約3分1と、Aピラーの下部をカバー。同社でシニア安全技術アドバイザーを務めるトーマス・ブロバーグ氏は「エアバッグには2つの機能があり、ひとつ目はボンネットを持ち上げスペースを生みだすこと。ふたつ目にフロントガラス付近の強固な部分に衝突した際の衝撃を吸収する機能です」と説明している。エアバッグはシステムが起動してから完全に膨らむまでの時間は200〜300分の1秒となる。

 「歩行者が関係する事故のうち、75%が時速40キロ以下での走行時に発生している」(同社)ことから、同システムは時速20〜50キロでの走行時に作動。同システムが搭載された新型ボルボV40は来春、日本でも発売される。

タグ

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。