自動車保険会社、ネット上の契約内容の変更可能範囲を拡大中


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

自身の都合に合わせて、自動車保険の契約内容変更手続きができる時代が到来!? [拡大する]

自身の都合に合わせて、自動車保険の契約内容変更手続きができる時代が到来!?

 今年2月、アクサ損害保険が、ホームページ上での自動車保険の契約内容変更手続き機能を拡充。住所や電話番号、車両登録番号に加え、車両入替と補償内容(運転者年齢条件、運転者限定、保険金額の増減、特約の付帯および解約)の変更手続きがインターネット上で完結できるようになった。今、このような手続きをネット上で可能にする自動車保険会社が増えてきている。

 もともと、記名被保険者情報と契約自動車情報の変更については、ネット上で手続きができる自動車保険会社が大半。ところが、車両入替や補償内容に直接関わる変更は、電話連絡が必要なうえ書面によるやり取りが生じるケースが多かった。

 しかし時代は変わり、アクサ損保のほかイーデザイン損害保険も、連絡先や改姓、ナンバープレート以外に車両入替と補償内容(同)の変更がホームページ上で可能に。さらにチューリッヒ保険も、車両入替と補償内容の変更がネット上で可能だが、“手続きできるもの”と“手続きできないもの”の条件が細かく定められている点が特徴だ。

 各自動車保険会社によって、変更可能な契約内容の範囲は異なっているものの、続々拡大していることは確か。契約している自動車保険会社の対応如何を確認しておくと、役に立つときがありそうだ。

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。