【安全運転ナビ】知っているだけで事故リスク減!? 直線路に潜む危険


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

あらかじめ危険を予測して事故回避! [拡大する]

あらかじめ危険を予測して事故回避!

 自動車の運転時、慣れた道でも状況は刻々と変わり、思いもよらぬ危険と遭遇することがある。事前に予測ができれば、事故のリスクを大幅に減らすことができるだろう。例えば、片側1車線の直線道路を走行しているとする。前方には信号のない横断歩道。その手前を、ワンボックスカーの後ろに続いて走行しているとしたら、どのような危険が考えられるだろうか?

1.前車の急停止

 信号がなくとも、横断歩道では車は歩行者を優先させなければならない。そのため、横断を始めた歩行者のために前車が急停止することもある。そうした可能性を頭におき、前車に追突しないよう、車間距離を十分にとることが重要だ。

2.横断歩行者をはねる

 前車が横断歩道を通過した後、歩行者が急に横断を始めることも。通過する際は、そのような歩行者がいないかどうか常に注意を払う必要がある。特に高齢者や子供の場合、車の接近に気付かないこともあるので、「横断してこないだろう」という思い込みは禁物。

3.後続車による追突

 前車の急停止や歩行者の横断により自車が急停止すると、後続車があった場合は追突事故につながる可能性も生じる。急ブレーキは常に追突される危険があるため、直線路であっても急停止することは極力避けるようにしたい。

 シチュエーションごとに異なる危険も、あらかじめ予測できていれば回避は可能。これらのことを念頭に、安全運転を心がけよう。

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。