東京海上日動がパイオニアと協業で法人向けテレマティクス開発

法人向けテレマティクスサービス「ドライブエージェント」のイメージ [拡大する]

法人向けテレマティクスサービス「ドライブエージェント」のイメージ

 東京海上日動は6月22日、パイオニアと協業で法人向けテレマティクスサービス「ドライブエージェント」を開発する計画を明らかにした。2015年度中をめどにサービスの提供を開始する予定。

 「ドライブエージェント」は、映像記録型ドライブレコーダー機能や通信機能などを備える「ミラー型テレマティクス端末」を活用して、(1)高度な事故対応サービス(2)安全運転支援コンサルティング(3)事故防止支援機能―を提供する。

 事故対応サービスでは、端末が一定の衝撃を検知した場合に保険会社に自動で通報を行う「保険会社向け自動発報サービス」や、映像データを活用した迅速な事故解決など、ドライバーが最も不安を感じる事故発生時のサポートを提供する。安全運転支援コンサルティングでは、膨大な保険事故データに基づく独自のアルゴリズムを用いた安全運転診断や管理者向けリポートの配信などにより、事故削減に向けた取り組みを支援する。事故防止支援機能は、独自の画像センシング技術により、車線の逸脱などを検知してアラートを発信することで、事故の発生を未然に防止する。

 サービス対象は、10台以上の車を所有・使用する「自動車保険フリート契約」に加入する同社の法人顧客。サービスは有償だが、導入した自動車を対象に一律の保険料割引の適用を検討中だという。

 同社は、昨今のテレマティクスやビッグデータ分野での目覚しいイノベーションの進展を受けて、同社の自動車事故対応ノウハウとパイオニアの持つ最先端の車載通信端末ノウハウなどを融合させた今回のサービス開発を決めた。

 今後、パイオニアとの協業を通じて、米国シリコンバレーに拠点を置くトレジャーデータ社が持つビッグデータ分析・活用ノウハウに関する研究なども進め、より高度な事故対応サービスの実現と事故削減に資する取り組みを推進するとしている。

(保険毎日新聞)

>> ドライバーの満足度が高い「自動車保険」は? ランキング<ベスト19>

>> 新自動車保険「テレマティクス保険」とは? メリット&デメリットも紹介

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。