「病院の処方薬」服用で事故を起こしたら… 自動車保険は適用される?

処方薬を服用して事故を起こした場合、自動車保険金は支払われるor支払われない? [拡大する]

処方薬を服用して事故を起こした場合、自動車保険金は支払われるor支払われない?

 事故を起こしてしまったとき、発生する損害を補償してくれる「自動車保険」。だが、実は保険金が支払われないケースもある。例えば、飲酒運転や無免許運転、薬物使用運転をしていた場合だ。これらによって事故を起こすと、被害者救済の観点から被害者に対して保険金は支払われるが、加害者には基本的に支払われない。

 ここで注意したいのが、「薬物」の内容だ。危険ドラッグや麻薬などを思い浮かべる人が多いだろうが、病院で処方される薬が含まれる場合もあるのだ。

■法的には処方薬は「薬物」

 「自動車運転死傷行為処罰法」では、アルコールまたは薬物、もしくは運転に支障を及ぼす恐れがある病気の影響がある状態で自動車を運転し、正常な運転が困難な状態に陥って人を死傷させた場合は、危険運転致死傷罪を適用するとされている。ここでの「薬物」とは、危険ドラッグや麻薬に限らず、医師が処方する薬も該当すると、国会での法案審議の際に答弁されている。

■一方、自動車保険では?

 法的には、医師が処方した薬は「薬物」と認識されるが、服用した運転者が加害者となった場合、自動車保険の補償も受けられないのだろうか?

 通常、自動車保険金の支払いの際は、運転者の事故当時の状況や薬物服用の有無などを細かくチェックされる。その結果、「服用して運転することが危険だとわかっていながらも服用して事故を起こした場合」などは、支払われない可能性がある。

 ただし、「薬を飲まないと正常な運転ができないのに、服用せず運転して事故を起こした場合」にも支払われない可能性があるため、薬の服用自体を禁止しているわけではなく、運転者の状況により、都度判断が下されるようだ。

 病院で処方される薬やドラックストアで売られている薬の多くは、眠気を誘うため運転前の服用は極めて危険。それぞれの注意欄にも該当事項が書かれているだろう。判断が非常に難しい部分ではあるが、事故原因となる可能性が少しでもある場合は、やはり運転を控えるのが得策といえるだろう。

>> 事前の保険選びも重要! ドライバーに人気の「自動車保険」1位は…?

>> もし事故相手が「無保険車」だったら、損害はどうカバーする?

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。