冬に注意したい「雪道事故」 “ノーマルタイヤ”でも自動車保険は適用される?

ノーマルタイヤでの雪道走行はとても危険。もし対策をとらずに事故が起きた場合、保険は適用されるのか? [拡大する]

ノーマルタイヤでの雪道走行はとても危険。もし対策をとらずに事故が起きた場合、保険は適用されるのか?

 冬に車の運転をする際には、急な降雪や積雪などの心配がある。普段あまり雪が降らない地域に住んでいる場合、ノーマルタイヤにしているドライバーも多いが、そのまま走るのは本当に危険。ある日、突然大雪になる可能性もある上、事故件数が多くなるので、スタッドレスタイヤに変えたり、チェーンを備えておくなど準備が必要だ。では、もしこのような対策をせずに雪道を走行し、事故を起こしてしまったとしたら……自動車保険は通常通り適用されるのだろうか?

●基本的には適用されるが雪国では例外あり

 基本的には、ノーマルタイヤで雪道を走行して事故を起こした場合でも自動車保険は適用され、保険を使って車の修理などを行うことができる。例えば、雪道でスリップしてしまい、自車が破損した場合などだ。

 だが、雪国を走行していて事故を起こしたときは、過失割合が変わる可能性があるので要注意。雪が降らない地域から出かける際は、ノーマルタイヤのまま出かけることのないようにしよう。スタッドレスタイヤにしておけば、タイヤを痛めることなく走行し続けられるためおすすめだ。とはいえ、スリップしたり、他車からの追突を受ける可能性は十分にある。車間距離をしっかりとって、急ブレーキを踏まないようにしたり、轍(わだち)を走るようにするなどして危険を回避しよう。

 雪の日に事故を起こしたときのためには、自動車保険の「代車特約」をつけておくのもおすすめ。たまたま事故が多く発生し、修理まで時間がかかっても、きちんと代車を確保してもらえるので普段の生活に影響しないだろう。

 ちなみに、今回は雪道におけるノーマルタイヤでの事故で保険が適用になるかどうかを解説したが、仮に夏にスタッドレスタイヤで事故を起こした場合も、同様に保険は適用される。だが、まずは事前の準備を怠らず、常に安全運転を心がけることが大切だ。

>> 【加入前に確認】ドライバーが選ぶ! 満足度の高い<自動車保険ランキング>

>> 路面凍結、視界不良… 雪道の運転時に注意すべき5つのポイント

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。