損保ジャパン日本興亜が自動運転実証実験向け専用保険を提供、顧客ニーズに合わせて設計


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

損保ジャパン日本興亜は実証実験向けの「自動運転専用保険」の提供を開始(写真はイメージ) [拡大する]

損保ジャパン日本興亜は実証実験向けの「自動運転専用保険」の提供を開始(写真はイメージ)

 損保ジャパン日本興亜は6月28日から、自動運転の実証実験を実施する事業者などに向けた専用保険として「自動運転専用保険(実証実験向けオーダーメイド型)」の提供を開始した。

 同保険は、【1】自動運転に関わるさまざまなリスクに対する包括的な補償【2】SOMPOリスケアマネジメントのノウハウを生かしたリスクコンサルティング【3】損保ジャパン日本興亜独自の走行データ分析による専用サービス―から構成されている。実証実験のさまざまな形態に対応するため、顧客ニーズに合わせて設計する。

 通常の自動車保険では対象外となる自動車本体の故障損害も補償する他、独自のサービスとして、専用車載機により走行データを分析し快適な運転挙動のアドバイスなどを提供する「安全運転診断サービス」や、実施事業者の指定場所まで距離に制限なくレッカーサービスを提供する「レッカー無制限サービス」を提供する。その他、「車両同士が通信する隊列走行の自動運転」や「全自動駐車(自動バレーパーキング)」に対応した独自の商品設計も可能だとしている。

 自動運転に関しては、国内外で多数のデモ走行や公道実証実験が行われており、世界的に実用化・普及に向けた技術革新が進められている。国内では「官民ITS構想・ロードマップ2016」の策定を受けて研究が活発化する一方、今年5月に警察庁が公表した「自動走行システムに関する公道実証実験のためのガイドライン」では、「適切な賠償能力の確保」が求められている。

 今回の専用保険の提供はこうした動きに対応したもので、同社では、最新のIoTで蓄積した走行データを活用し、より快適な自動運転の実現にも寄与していく考え。

(保険毎日新聞)

>> ドライバー2万6178人が選ぶ 満足度の高い「自動車保険」ランキング

>> 損保ジャパン日本興亜が初動対応コールセンターで5カ国語通訳、外国人旅行者増加に対応

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。