【自動車保険】加入率の低い「対人賠償保険」 備えを万全にするにはどうする?


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

任意加入の「対人賠償保険」の加入率はどれくらい? 気になる概要をチェック [拡大する]

任意加入の「対人賠償保険」の加入率はどれくらい? 気になる概要をチェック

 自動車事故でケガを負ったり死亡した場合、被害者へは基本的に加害者の保険から保険金が支払われる。強制加入の「自賠責保険」では、1人あたり傷害120万円(最大)、後遺障害時4000万円(同)、死亡時3000万円が限度となっており、この金額を超えると任意加入の「対人賠償保険」で補われる。

 もし相手が対人賠償保険に加入していなければ、十分な補償を受けられないこともある。ドライバーの100%が加入しておくべきといえるが、実際は意外と低い。具体的な数字を見ていこう。

■加入率の全国平均は73.8% 最も低いのは沖縄県

 対人賠償保険の加入率は、全国平均で73.8%。主要なところでは、北海道70.6%、東京都78.0%、愛知県81.3%、福岡県76.4%で、最も高いのは大阪府の82.2%、低いのは沖縄県の53.3%となっている(損害保険料率算出機構「自動車保険の概況 2015.3月末」より)。

 つまり、沖縄県では約2台に1台は加入していないことになる。同県では全体的に任意保険の加入率が低く、「対物賠償保険」も53.3%で最下位だ。地域によって差があるので、注意しよう。

■事故相手が無保険車の場合に役立つのは自分の保険

 相手が任意保険に加入していない“無保険車”の場合、十分な賠償金を得られない可能性があるが、自分が「人身傷害補償保険」「無保険車傷害保険」に加入していれば、保険金が支払われる。人身傷害補償保険は過失割合にも関係ない。任意保険の中には、自分の損害について補償するものもあるのだ。

 他人が必ずしも任意保険に加入しているとは限らない。だからこそ、定期的に自分の自動車保険の補償を見直して備えることが大切だ。

<文/福島佳奈美>
ファイナンシャルプランナー。CFP(R)。一級FP技能士。DCアドバイザー。ふくしまライフプランニングオフィス代表(http://kakeifp.com/)。子育て中の女性のために教育費やライフプランに関する情報を積極的に発信。マネーコラム執筆、セミナー講師、個人相談などを中心に独立系FPとして活動。

<監修/SAKU>

>>【ランキング】事故時に役立つ「自動車保険」2万1264人に満足度を調査!

>>運転中の“スマホ使用”でもらい事故! 十分な補償を受けられる自動車保険は?

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。