住宅ローンの“ボーナス払い” メリット&デメリットとは

住宅ローンのボーナス払いは得なのか、損なのか(写真はイメージ) [拡大する]

住宅ローンのボーナス払いは得なのか、損なのか(写真はイメージ)

 住宅ローンなどを組むときに、月々のローン返済のほかに、「ボーナス払い(ボーナス併用払い)」をすべきかどうか、迷う人もいるだろう。そこで今回は、住宅ローンなどでボーナス払いのメリット・デメリットをお伝えしよう。

■支払利息が少なくなる可能性がある

 ボーナス払いをするメリットのひとつは、月々の返済に上乗せする形であれば、返済が進む点だ。年間での返済が大きくなれば、その分支払う利息が少なくなる。トータルの支払金額を抑えることができるのだ。

 また、ボーナスが出ると、つい余計なものを買ってしまうという人にも、ボーナス払いはよいだろう。あらかじめ住宅ローンの返済で引かれる、ということがわかっていれば、無駄遣いにもブレーキがかかるかもしれない。

■返済が困難になる危険性も

 ボーナス払いのデメリットとして、万一ボーナスが減額、もしくは出なくなった場合に、返済が困難になるという点が挙げられる。その際は、貯蓄などから返済する必要がある。また、ボーナス払いをすることで、もし月々の返済額を下げる設定をしてしまうと、身の丈以上のお金を借りてしまう危険性があるので、注意しよう。

 さらに、共働きだから大きな金額を返済していけるだろうと思っていても、妻が出産後に仕事復帰しなかったり、しばらく時短勤務になって収入が減少したりするケースも考えられる。そういったときにボーナス返済があると、返済がさらに困難になると考えられる。

■ボーナス払いではなく“繰り上げ返済”という方法も

 様々なケースを考えた上で、月々の返済、そしてボーナス返済もきちんとできるかを考えて住宅ローンを組む必要があるだろう。特に、ボーナスは確実に出るものではないので、ボーナス返済の金額は低めにするか、ナシにするというのも手だ。その分、貯蓄をしておき、繰り上げ返済をするというのも一案だろう。

 住宅ローンは、何十年にもわたってお付き合いするもの。借りるときだけの家計状況だけでなく、今後数十年の予定も考えながら決定するようにしよう。

(ライター:西山美紀)
ファイナンシャルプランナー。2児の母。これまでに1万件以上のマネーデータを分析し、500人以上にマネーの取材を行うほか、女性の生き方などをテーマに取材・執筆・記事監修なども行っている。著書に『お金が貯まる「体質」のつくり方』(すばる舎)。

>> 利用者が選ぶ! 満足度の高さで支持された【ネット銀行】を発表

>> 買い物はクローゼットを見たあとに 無駄遣いを減らす方法

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。