節約重視なら…プロバイダの「初期費用」は比較した?

プロバイダ選びで見落としがちな「初期費用」を考える! [拡大する]

プロバイダ選びで見落としがちな「初期費用」を考える!

 進学や転勤にともない、新生活がスタート。引越しの手続きといえば、ガスや水道から住民票の移動など、さまざまな準備が必要だが、ネット環境を整えておくことも不可欠だろう。光通信かADSLか、または高速モバイル通信か? 実はネットの開設に必要な初期費用は、回線ごとに異なる。プロバイダ選びを考えるときのポイントとして、事前にしっかり調べておこう。

 プロバイダを申し込む際は「勧められたから」とか、「よく分からないけど、とにかく早いやつ!」といった選び方は、回避したいところ。自身のインターネットの使用頻度と目的を鑑みて、光、ADSLなど、適したプロバイダを選ぼう。さらに、節約を考えた場合に知っておきたいのが「初期費用の違い」だ。

≪回線ごとの初期費用の目安≫
・光回線・・・マンション・戸建・アパートタイプ/約1万円〜1万5000円
・ADSL・・・約0円〜4000円(※規制の回線を持っている場合と、持っていない場合、両方を含む)
・高速モバイル通信・・・約0円〜2万2500円

 回線により金額の大小はあるが、必要経費には違いない。そこで「初期費用は契約開始の初月にのみ請求される」ということを、メリットとして考えよう。たとえば、短期間でプロバイダや回線を変更する予定がある場合は、なるべく安い初期費用のプランを選ぶことで節約に直結する。

 プロバイダによっては、初期費用の全額無料化や、数ヶ月間の月額使用料が無料となる期間限定のキャンペーンなど、サービスプランはさまざま。少しでも初期費用を安く済ませて契約に至るためには、各社公式サイトのチェックも忘れずに。

>>まずは口コミをチェック!プロバイダの比較・乗り換えなら・・・
『顧客満足度の高いプロバイダベスト14』

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。