赤ちゃんや子どものいる家庭のウォーターサーバー メリットと注意点を紹介

子どもがいる家庭に向けたウォーターサーバーのメリットと注意点を紹介(画像はイメージ) [拡大する]

子どもがいる家庭に向けたウォーターサーバーのメリットと注意点を紹介(画像はイメージ)

 オフィスだけでなく、近頃は一般家庭にも普及しつつあるウォーターサーバー。なかには、子育て世帯に向けたキャンペーンや特別プランを実施しているものもある。そこで今回は、子どもがいる家庭に向けてウォーターサーバーのメリットと注意点を紹介しよう。

【メリット1】赤ちゃんのミルク作りに適している

 温水・冷水がボタンひとつで用意できるウォーターサーバーは、細かな温度調整が必要になる赤ちゃんのミルク作りに大活躍。サーバーによっては、赤ちゃんのミルク作りのためにお湯を適温に設定できるものもあるようだ。なお、一般的に粉ミルクにはミネラル成分が多く含まれる「ミネラルウォーター」を使わないほうが良いとされているが、ウォーターサーバーのなかには、調乳にも安心して使えるミネラル成分が少ない水の種類を用意しているものも多い。「赤ちゃん向け」をうたったサービスも充実しているので、安心して使えるだろう。

【メリット2】安心感のある水が楽しめ、水を飲む習慣にも

 “自動洗浄”機能が付いたウォーターサーバーを選べば、メンテナンスしなくとも衛生面で安心して飲料水を飲むことができそうだ。操作も簡単なものがほとんどなので、子どもでも自分の好きなタイミングで使える。熱中症が心配なこれからの季節、子どもに“水を飲む習慣”をつけさせるきっかけにもなるだろう。

【注意点1】必ずチャイルドロックの確認を

 温水が出る機能が付いているものは、子どもが誤って操作し、火傷などの事故につながることもあるので気を付けよう。温水機能付きのウォーターサーバーは基本的にチャイルドロックが付いているが、メーカーによって設計や操作方法はさまざま。設置時には必ずチャイルドロックの設定方法を確認し、子どもが使うときは目を離さないようにしよう。

【注意点2】ウォーターサーバーの近くで遊ばせない

 ウォーターサーバーは予想外に重く、また熱湯が入っている場合も多い。子どもがぶつかったり、傾いたりすると、転倒して思わぬ事故を招きかねない。キッチンなど、子どもの出入りが少ない場所に設置し、子どもが近くで遊ばないように注意したい。

 家族みんなでおいしい水をいつでも飲めるウォーターサーバー。注意すべきポイントを押さえつつ、子どもの成長やライフスタイルに合わせて検討しよう。

(文/藤あまね)

>>「申込み」がしやすいのは? 実際の利用者が選んだ<ウォーターサーバー>を発表

>微炭酸も強炭酸もお好みで 薄型ウォーターサーバー

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。