ウォーターサーバーの水の種類と成分

  • ウォーターサーバーの水の種類と成分

 ウォーターサーバーで提供されている水の種類は業者やサービスによって様々です。水の種類によっておいしい水、健康によい水、安全性の高い水など特徴が違います。今回は、水にこだわりたい、水のことを知りたい人向けに水の種類と成分をまとめました。ぜひ、ウォーターサーバー選びにも役立ててみてください。

ミネラルウォーターの種類

 一口にミネラルウォーターといっても天然水だけではありません。農林水産省は「ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン」で、ミネラルウォーターを次の4つに分類しています。

・ナチュラルウォーター
・ナチュラルミネラルウォーター
・ミネラルウォーター
・飲用水またはボトルドウォーター


 天然水と呼ばれるのは「ナチュラルウォーター」と「ナチュラルミネラルウォーター」です。天然水以外の水はRO膜水と呼ばれます。次に、天然水とRO膜水の特徴について説明しましょう。

RO膜水と天然水

 ウォーターサーバーで利用されている水は、おおまかに言ってRO膜水と天然水の2つに分けることができます(RO膜水は一般にはRO水と省略されることもあります)。

 RO膜水は「逆浸透膜」という特殊なフィルターで不純物をできる限り取り除いた純水に近い水のことです。あまりにフィルターの能力が高いため、雑菌などもろ過されてしまいます。「もとは水道水」というと、「何か心配な物質が混じっているのでは?」と心配する方もおられますが、衛生面や純度(純水に近いという性質)でいえば、天然水に引けはとりません。

 ただし、天然水は地下水に人工的な添加物を加えず提供されますから、天然水の「個性」や「味わい」を楽しむことができます。水に安全性だけを求めたいのであればRO膜水で十分ですし、最近は味わいやミネラル成分を調整した

 天然水は地下水を源泉としていて、人工的に添加したものではない水のこと。天然由来のミネラルを豊富に含んでおり、健康を意識する人や味にこだわる人に支持されている水です。今度はミネラルウォーターの表示でよく見る「軟水」や「硬水」。その違いについて簡単に説明しましょう。

水の硬度

 軟水と硬水は水の持つ硬度によって決まります。日本の基準だと硬度が100を超える水を一般的に硬水と呼びます。硬水はカルシウムやマグネシウムといったミネラル類を多く含み、味わいにも個性があります。

 一方、硬度が100を下回る水は軟水と呼ばれます。日本のほとんどの水は軟水で、特徴として口当たりがよく、コーヒーやお茶、ダシ汁などに適していると言われます。また、赤ちゃんに飲ませる粉ミルク用の水は軟水が望ましいと言われています。

海洋深層水やバナジウム水の効果

 よく「海洋深層水」や「バナジウム水」といった水の銘柄を見ることがあります。海洋深層水とは「200m以上の深海から汲み上げた水」ということで、一般に「無機栄養塩類が豊富」などといった特徴がみられますが、採取された海域によって成分・味ともに個性が異なります。

 またバナジウム水に含まれる「バナジウム」とは金属の一種です。人体におけるバナジウムの働きはまだ完全に解明されていませんが、バナジウムと血中インスリン値や血糖値との関係性着目した研究者たちが「糖尿病の治療薬発見につながるのでは」と研究を続けています。
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。