公共料金を払うときの注意点

 電気代や水道代、光熱費など、生活をしていく上で必ず支払わなければならないのが、公共料金です。ひとつひとつの料金を口座振替で支払っている人が多いでしょう。しかし、この毎月の公共料金、合わせたらいくらくらいか把握したことはあるでしょうか。公共料金の額が大きくなる際は、実はクレジットカード払いがお得である場合があります。今回は公共料金のクレジット払いについてご紹介します。

公共料金をクレジット払いにしてポイントを貯める

 多くの人は、毎月の公共料金を口座振替を利用したり、現金で支払っています。光熱費や水道代など、ひとつひとつを見れば数千円とあまり大きな額ではないかもしれません。しかし、一ヶ月の公共料金を全て合計すると、意外と大きな額になることがわかります。
 大きな額を支払う場合はクレジット払いがおすすめです。現金であれば、支払って終了ですが、クレジット払いであればポイントがたまります。毎月支払うものだからこそ、安定してポイントを貯めることができます。
 また、貯まったポイントは商品券や電子マネーと交換してお買い物に利用することもできます。クレジット払いにすることで、毎月支払わなければならない公共料金もお得に支払うことができます。

公共料金をクレジット払いで割引にする

 公共料金は、一般的に割引されることはありません。使ったら使った分だけ請求されることが普通でしょう。口座引き落としの場合は、現金で支払う場合に比べて、電気とガス、水道でそれぞれ割引がされます。しかし、全て合わせても微々たるものではあります。
 クレジットカードの中には、カードの利用料金を割引してくれるカードもあります。その場合、毎月の公共料金の支払いから一定の割引が行われます。割引もされる上にポイントもたまるため、還元率としては高いといえるでしょう。
 特に支払い額が大きい場合は、クレジットカードのポイント付与も大きくなるため、毎月の公共料金の支払い額が大きい方にはクレジット払いがおすすめです。

カード払いで管理もラクに

 公共料金をクレジットカードで支払うことのメリットのひとつに、支払いの管理がしやすいという点があります。普段ばらばらに引き落とされていたものが、一枚のカードに一元化されることで、月々の公共料金の管理がシンプルになります。毎月送られてくるカードの利用明細があれば、家計簿なども簡単につけることができます。
 また、一度に引き落とされることで、全体の額もつかみやすくなります。公共料金が、毎月の生活費のどれくらいの割合を占めているのか分かれば、毎月の家計のやりくりもしやすくなるでしょう。

公共料金をクレジット払いにするときの注意点

 公共料金をクレジットカードで支払うことは、とてもお得で便利な方法ですが、当然デメリットや注意点もあります。まず、公共料金の支払いがクレジットカードでの支払いに対応していない場合は利用することができません。ご自身の利用している会社で、クレジット払いが可能であるかどうか事前に確認しておくことが大切です。
 また、クレジットカードの有効期限などもきちんと把握しておきましょう。有効期限が変わった場合は、各会社に再度申し込みが必要な場合があります。