トヨタ、電気自動車と住宅の電力相互供給システム開発

トヨタ自動車が開発した電気利用車両と住宅との間で電力を相互供給するシステム [拡大する]

トヨタ自動車が開発した電気利用車両と住宅との間で電力を相互供給するシステム

 トヨタ自動車は4日、プラグインハイブリッド車(PHV)や電気自動車(EV)と住宅の間で電力を相互供給するシステムを新たに開発したと発表した。同システムは今年末から、2010年4月より行っている『豊田市低炭素社会システム実証プロジェクト』の一環として、実証住宅にて供与を開始する予定。


 車両に蓄えた電力を住宅に供給することができる同システムにより、太陽光発電で蓄えた住宅の電力や低コストな夜間電力を車両に備蓄し、日中に家庭で利用することも可能になる。また、災害時などには車両の蓄電池を非常用電源として利用することも可能に。PHV1台で、一般家庭の日常使用電力の約4日分がまかなえるという。


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
ORICON STYLE及び、CS RANKINGの著作権その他の権利は、(株)oricon ME、オリコンNewS(株)、またはニュース提供者に帰属していますので、 無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。