逆走車の危険を再現、JAFが動画を公開


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

JAFがホームページ上で公開中の高速道路上で逆走車に遭遇した状況の再現映像 [拡大する]

JAFがホームページ上で公開中の高速道路上で逆走車に遭遇した状況の再現映像

 バッテリー上がりやキー閉じ込みから、車が故障した場合の応急処置、修理工場までのレッカー移動など、自動車に関わるサポートを行うサービス“ロードサービス”。今や自動車保険各社がこのロードサービスを充実させ、さまざまなオプションを付帯させることで他社との差別化を図っているが、ロードサービスの元祖といえば一般社団法人日本自動車連盟(JAF)を思い浮かべる人も多いだろう。そのJAFが、高速道路上に逆走車がある状況を再現した動画を作成し、現在ホームページ上で公開している。

 JAFは今回、高速道路上での逆走車による事故が毎年発生していることから、NEXCO中日本の協力のもと開通前の高速道路を使って逆走車に遭遇した状況の再現映像を収録し、公開。逆走事故の危険性や事故を回避するポイント、遭遇した際の注意点を明らかにしている。さらに、過去の事例から逆走事故が起きやすい場所や原因についても解説しているほか、サービスエリアなどに設置されている逆走防止装置などの防止策を紹介してドライバーに注意を呼び掛けている。いつどんなふうに巻き込まれるかわからない自動車事故。常に色々な想定をしておくことが大事だといえるだろう。

 ちなみにJAFは、今年のお盆期間のロードサービス出動件数についても発表。もともとお盆期間は平常時より救援依頼が多く、とくに高速道路では平常時の2倍にのぼるという。JAFの発表によると、今年のお盆期間(8月11日〜15日)の平均出動件数は1日8857件で、7月の同6685件に比べ約3割増だった。しかし、昨年よりは全国的に減少。一般道路は前年比93.9%、高速道路は同87.2%で、とくに関東エリアでは前年を大きく下回った。また、関西エリアでは、8月14日未明に発生した近畿地方の集中豪雨により、一時冠水による依頼が多く寄せられたとの情報も発表されている。

タグ

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。