損保各社による“自動車事故防止”スマホアプリがリリースラッシュ 無料なのに機能充実!


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

損保各社による“自動車事故防止”スマホアプリを紹介 [拡大する]

損保各社による“自動車事故防止”スマホアプリを紹介

 損害保険各社がリリースするスマートフォン向け無料アプリが注目を集めている。どれも自動車事故の防止に役立ちそうなものばかりで、今年8月に提供を開始した三井住友海上火災保険の『スマ保』もそのひとつだ。また、損害保険ジャパンと日本興亜損害保険も『Safety Sight』(セーフティサイト)を共同で開発し、提供開始。カーナビ代わりにスマホを使う人が増えている今、こうした損保会社のアプリも自動車内での新たな利用の形として定着するかもしれない。

 三井住友海上の『スマ保』(iOS、Android対応)は、“保険をてのひらに。”をコンセプトに、自動車保険の契約管理や緊急時ナビゲート、事故に対する備えなどのサービスを提供。レッカーサービスが必要な際、同社コールセンターへ位置情報を送信したり、事故の衝撃を感知した場合、必要な対応や連絡先を自動的に画面表示するなど、急を要する事態のサポート機能を多く搭載している。また、ゲーム感覚で運転適性がチェックできるサイト“安全運転チェッカー”への接続機能も有する。

 損保ジャパンと日本興亜損保が共同で提供する『Safety Sight』(iOS対応)も、ドライブレコーダー機能を搭載。スマホをダッシュボードに取り付けて走るだけで、強い衝撃を検知すると衝撃の前後10秒間の前方映像を録画する。さらに、運転中の前方映像を解析し、車間距離が近付き過ぎると警告音を発する“前方車両接近アラート”や、停車中に車両が発進したことに気が付かなかった場合に音声で知らせる“前方車両発進お知らせ”などの機能も搭載されていて、安全運転を強力に支援。10月にはAndroidにも対応予定だ。

 いずれのアプリも、提供会社の自動車保険の契約者でなくても利用することができる。

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。