スバル『フォレスター』、実証型広告で世界5大陸走破

新型『フォレスター』グレード2.0i [拡大する]

新型『フォレスター』グレード2.0i

 富士重工業は13日、スバル独創シンメトリカルAWD搭載のSUV『フォレスター』ネット発表会を開催した。今回同社は、フルモデルチェンジした『フォレスター』の全貌を紹介。さらに、世界5大陸10万キロを1年かけてひた走るという実証型広告プロジェクト「FORESTER LIVE」を実施すると発表した。

 同プロジェクトは、新型『フォレスター』の性能を証明するために行われるもので、きょう南オーストラリア・ブロークンヒルから出発した。走行の様子は、公式サイトやCMなどでチェックすることができる。

 フルモデルチェンジした新型は、1997年に発売した初代モデルから数えて4代目。スバルのブランドステートメント“Confidence in Motion”で掲げる“安心と愉しさ”を提供すべく、グローバル戦略車として開発された。悪路での走破性を高める新制御システム「X-MODE」や、自動ブレーキで衝突事故を防ぐ「アイサイト(Ver.2)」を搭載したほか、車体前面はスポーティなデザインを取り入れ、リアゲートは電動開閉式を採用している。

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。