人身傷害補償保険とは 自動車保険料をおさえるポイントと搭乗者傷害保険の違い

人身傷害補償保険とは

 自動車保険といえば、契約する車の事故補償をイメージする人が多いだろう。だが、実は歩行中や他人の車両に乗車中の事故も補償する保険がある。それが「人身傷害補償保険」だ。メリットやデメリット、保険料を抑えるポイント、搭乗者傷害保険の違いなどを紹介する。

人身傷害補償保険とは

 人身傷害補償保険は、保険の対象となる人が交通事故によってケガをしたり、死亡してしまったりしたときに、自分自身の過失分を含めて、実際の損害(治療関係費、休業損害、精神的損害、逸失利益など)が補償される保険だ。

 通常、人身傷害補償保険が適用されるのは次の3つのケースとなる。

「契約車両に乗っているときに交通事故に遭い死傷した」
 交通事故時に、契約している車に乗っていた人であれば、ドライバーを含む、家族、友人、知人など、すべての人が対象。また、交通事故の種別は、車対車の事故である必要はなく、電信柱にぶつかったなどの自損事故であっても対象になる。

「契約している被保険者やその家族が、契約車両以外の車に乗っているときに交通事故に遭い死傷した」
 タクシーやバス、友人の運転する車など、契約していない車に乗っているときに交通事故に遭うこともある。こういった場合でも、人身傷害補償保険の対象となる。

「契約している被保険者やその家族が、歩行中に交通事故に遭い死傷した」
 歩行中や自転車に乗っているときに、交通事故に遭う可能性も。このように車に乗っていない事故でも、人身傷害補償保険の対象となる。

 なお、人身傷害補償保険は、契約車両に搭乗中の交通事故だけに限定させることもできる。この場合、他人の自動車に乗車中の交通事故や、歩行中や自転車に乗っているときの交通事故などは補償されなくなるが、保険料は安くなる。契約している自動車保険や生命保険など、ほかの保険でカバーできる場合は、範囲を限定した人身傷害補償保険を検討するといいだろう。

メリットは過失割合関係なく全額支給など「補償の厚さ」

 この保険が優れているのは、過失割合に関係なく保険金の範囲内で損害に対して全額支払われる、という点だ。この補償の厚さが人身傷害補償保険の最大のメリットといえるでしょう。人身傷害補償保険の保険金は、3000万円からが一般的。とはいえ、5000万円や8000万円、1億円、無制限などと契約者が選択することもできる。

 交通事故には、単独事故から車同士の事故、歩行者を巻き込む事故など、様々なケースがある。だが、この保険に加入していれば、基本的にはケースを問わず自分の過失割合が5でも10でも損害に対する保険金は受け取れる。

 また、示談交渉を待たずに保険金が支払われる点もポイントだ。たとえば車同士の事故で裁判に発展した際、相手から保険金の支払いを受けるには、過失割合が決定している必要がある。だが人身傷害補償保険なら、過失を問わず保険金を受け取れるのだ。

 ただし、保険金額を5000万円にしていて損害が1億円の場合、上限の5000万円までしか支払われないことは頭に入れておこう。

なかには、歩行中やバス、自転車など契約車両に搭乗中以外に交通事故に遭った場合も補償するタイプもある。事故相手が保険未加入、または当て逃げといったケースでも適用でき、かなり頼もしい。同居親族や別居の未婚の子どもについてもカバーできるので、加入のメリットは大きいはずだ。

デメリットは「保険料の高さ」

 手厚さが魅力の人身傷害補償保険だが、補償を詰め込むと保険料は割高になる。「契約している車に搭乗中の事故のみに限定する」などすれば、保険料を抑えることはできるので、コストと補償のバランスを考えることが重要だ。

保険料の抑え方

 人身傷害補償保険のデメリットとなる保険料を抑える方法としては次の3つが挙げられる。

(1) 搭乗者傷害保険を外す
 人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険は、補償の内容が重複する部分がある。外せるかどうかは保険会社によるが、搭乗者傷害保険を外せばトータルの保険料は下げられる。

(2) 保険金を下げる
 人身傷害補償保険の設定保険金額を下げるということ。その分、保険料は抑えられる。とはいえ、事故の大きさによっては限度額を軽く超えてしまうことも考えられるので、下げ過ぎてしまわないよう注意したい。

(3)搭乗中以外の補償をなくす
 上述した歩行中などの補償をなくすということだ。家族が多い家庭ではおすすめしないが、ひとり暮らしやほかの傷害保険に加入している場合は考えてみてもいいだろう。

人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険の違い

 搭乗者傷害保険とは、人身傷害補償保険と同じく、契約車両に乗っている人が事故によって死傷したときに保険金が支払われるものだ。運転者や家族、知人などを含め、契約車両に乗っていた全員が対象者となり、契約者との関係によって除外されることはない。

 この条件だけを見ると、人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険は同じ内容の保険に感じるが、以下のような違いがある。

 ひとつは、交通事故の発生状況だ。人身傷害補償保険が交通事故全般を対象としているのに対し、搭乗者傷害保険は該当の保険契約車両に乗車中の事故に限定される。つまり、搭乗者傷害保険はタクシーや友人の車など契約車両以外の車に乗っていた場合や、歩行中や自転車に搭乗中に事故に遭っても、保険金を受け取ることはできない。

 また、支払われる補償金額の計算方法も異なる。人身傷害補償保険は、実際に受けた損害額が支払われる「実損払い」だが、搭乗者傷害保険はケガの程度に応じて定められた金額が支払われる「定額払い」となる。つまり、入院1日あたり5000円が給付される搭乗者傷害保険に加入していた場合は、実際に入院費や治療費が1万円以上かかっても5000円しか受け取れません。一方で、人身傷害補償保険の場合は、入院や治療にかかった実損の金額すべてが支払われる。

 この設定金額は、加入時に決める必要があるが、金額を上げれば上げるほど保険料の負担も大きくなる。だからといって低くしてしまうと、損害額をカバーできなくなるかもしれない。自分や家族など搭乗者のために出来る限り補償は厚くしておきたいところだが、慎重に検討することが大切だ。

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

当サイトで公開されている情報(文字、写真、イラスト、画像データ等)及びこれらの配置・編集および構造などについての著作権は株式会社oricon MEに帰属しております。これらの情報を権利者の許可なく無断転載・複製などの二次利用を行うことは固く禁じております。