東京海上日動、事故発生時にスムーズに対応するアプリを10月に導入


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

東京海上日動火災保険が10月に導入するアプリ『モバイルエージェント』 [拡大する]

東京海上日動火災保険が10月に導入するアプリ『モバイルエージェント』

 東京海上日動火災保険は先ごろ、“損害サービス次世代モデル”と称し、事故発生時用のスマートフォンアプリ『モバイルエージェント』(無料)を10月より順次導入すると発表した。

 同アプリが追及したのは、“スムーズさ”。実現に向けた機能のひとつが、事故連絡を受けるとGPSで瞬時に位置や自動車保険の契約内容を特定する『スマートロードアシスト・事故連絡』機能だ。これにより、レッカー及びロードサービスの手配が円滑に進む。また、事故現場で撮影した画像を同社のサーバーに送信でき、担当者と現場の画像を見ながら話すことが可能になる『スマートフォトメール』機能も搭載する。

 2014年7月には、事故受付通知や保険金の支払い案内といった、事故に関する案内文書の確認機能も追加予定。同社は「事故発生時のお客様の利便性を飛躍的に高めていく」とコメントしている。

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。