【安全運転ナビ】運転時、前車が作る“死角”に注意


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

”死角”に注意し、様々なケースを想定して運転を! [拡大する]

”死角”に注意し、様々なケースを想定して運転を!

 車の運転に、死角はつきもの。大型車の後ろを走行しているときや、前車が駐車場に入ろうとするときにも、歩行者や自転車が見えづらくなるといった経験は、多くの人がしているだろう。具体的な死角および安全運転のポイントを、【片側1車線の直線路を走行中に前車が駐車場に入ろうとするケース】を例として見ていこう。

■ポイント1:出庫車

 駐車場においては、入る車もあれば出る車もある。そのため、前車を追い越そうとすると、出庫車に気付かず衝突する危険が。追い越しをするなら、一気に前車の側方を通過するのはやめて、しっかりと安全確認を。

■ポイント2:自転車

 駐車場に入ろうとする車は、路側帯をさえぎる。そのため、車を避けようとした自転車が突然、自車線に出てくることもあるだろう。衝突を防ぐために存在や動きを予測し、自転車が見えたら停止して先に通過させるのが賢明だ。

■ポイント3:対向車

 前車を避けようとして、対向車線にはみ出すドライバーも多い。ところが対向車線からは、車が来る可能性がある。停止して前車が駐車場に入るのを待つのが最も安全だが、追い越す際は対向車の接近を念頭に置いておこう。

 これらのような死角のほか、前車の減速や急停止に気づかず、追突してしまうという危険もある。楽しいドライブ中に事故に見舞われないよう、様々なケースの想定を忘れず運転しよう。

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。